このページの本文へ

ハイエンド寄りに伸張

DAIVのCofee Lakeモデルがラインアップ拡張

2017年10月24日 11時00分更新

文● 天野透/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 マウスコンピューターは10月24日、クリエーター向けPCブランドDAIVから、第8世代CPU採用の「DAIV-DGZ520シリーズ」に新モデルを追加した。価格はCore i7-8700KとGeForce GTX 1080搭載の「DAIV-DGZ520H1-SH5」が23万7384円、Core i7-8700KとGeForce GTX 1080Ti搭載の「DAIV-DGZ520H2-SH5」が26万9784円。

 DAIVの第8世代「Coffee Lake」CPU搭載モデルは、従来はCore i5-8400/GeForce GTX 1050搭載の「DAIV-DGZ520E1-SH」と、Core i5-8700K/GeForce GTX 1080Ti/メモリ64GBの「DAIV-DGZ520H1-M2SH5」の2モデル。今回の追加により、より柔軟なスペック選択が可能となる。

カテゴリートップへ

マウスコンピューター