このページの本文へ

企業の拠点間のインターネット接続に設置するだけで秘匿性の高い通信に

日立、設置するだけでインターネット回線をセキュア化できる「鍵付け替え技術」製品

2017年10月20日 16時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「S.COATBOX/DS」イメージ

 日立産業制御ソリューションズは10月20日、独自の「鍵付け替え技術」を搭載した暗号化アプライアンス製品「S.COATBOX/DS」を発売した。

 既存のインターネット環境にゲートウェイとして設置するだけで外部パソコンの不正接続を防ぎ、社内ネットワークの情報を保護する不正持込PC検知&強制排除システム「S.COATBOX」シリーズの最新モデルにあたり、拠点間における通信データを鍵付け替え技術によって暗号化する。

 鍵付け替え技術は日立製作所が特許を持つ暗号化技術で、共通鍵暗号方式の暗号アルゴリズムよって暗号化されたデータを平文にすることなく、異なる暗号鍵に再暗号化するもの。

 S.COATBOXは通信拠点ごとにゲートウェイとして設置するため、IoT機器、サーバ、PC、PLCなど個々の機器の暗号化設定なしに導入が行なえる。端末の鍵情報をクラウド上で一括管理。端末が持つ鍵情報の定期的な更新なども自動的に行なわれるため、管理者の負担を軽減できる。

 企業の拠点間、遠隔工場のFA制御、医療機関やフランチャイズ店舗などさまざまな用途に利用可能。参考価格は、暗号化アプライアンス製品(2台以上)で61万6000円より(税別、保守費用別)。

カテゴリートップへ

ピックアップ