このページの本文へ

「ぴったりセレクト」を新採用

日立から暮らしに合わせて冷凍・冷蔵・野菜の収納をカスタマイズできる冷蔵庫が登場

2019年01月24日 19時30分更新

文● 松本塁

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 日立アプライアンスは1月24日、冷蔵庫下部の2つの引き出しを冷凍・冷蔵・野菜の収納に選べる「ぴったりセレクト」を採用した大容量冷蔵庫を発表した。市場想定価格と発売日はコネクテッド家電のR-KX57K(クリスタルミラー)が約46万4400円前後で3月中旬から、R-KW57K(ファインシャンパン/クリスタルホワイト)が約44万2800円前後で2月下旬から販売予定。

 ぴったりセレクトは、暮らしに合わせて使い方を選べる新機能。冷凍や冷蔵の設定に合わせて冷却器・冷気風路のフラップ・大風量ファンを制御し、引き出しのレイアウトや温度もカスタマイズすることが可能になったという。

ぴったりセレクトまるごとチルド特選氷温ルーム

 「まるごとチルド」機能の採用により、冷蔵室内をチルド温度約2度にして、食品の菌の繫殖を抑える。また、うるおい冷気の効果で、一時保存のサラダはラップなしでも乾燥や変色を抑えることが可能。冷蔵室に新採用した「特鮮氷温ルーム」では、凍らせない約マイナス1度で肉・魚をおいしく保存できるとともに、食品に直接冷気を当てない間接冷却により、開封したハムをラップなしで入れても乾燥を抑えることができるという。

日立冷蔵庫アプリイメージ

 また、コネクテッド家電のR-KX57Kでは「日立冷蔵庫アプリ」でスマートフォンと連携し、ドアの閉め忘れの通知や、離れた場所からの運転状況の確認などができる。

カテゴリートップへ