このページの本文へ

キヤノン初のAPS-C高級コンデジ「PowerShot G1 X Mark III」が11月発売に

2017年10月16日 13時00分更新

文● ハシモト/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
バリアングルモニターなのに小型化した「PowerShot G1 X Mark III」
バリアングルモニターなのに小型化した「PowerShot G1 X Mark III」

 キヤノンは10月16日、同社コンパクトデジタルカメラのフラッグシップモデル「PowerShot G1 X Mark III」を発表した。11月下旬発売予定で、予想実売価格は13万円前後の予定。

手に持ったイメージ
手に持ったイメージ

 これまでの同社コンパクトデジタルカメラの撮像素子は1.5型が最大であったが、新機種ではAPS-Cサイズの大型センサーを採用。それでいて本体サイズは従来機種から大幅な小型・軽量化を実現している。

 本体サイズは幅115×奥行き51.4×高さ77.9mmで重量は399g。ちなみに、従来機の「G1 X MarkII」は幅116.3×奥行き74×高さ66.2mmで重量は553gだ。

APS-Cセンサーを採用
APS-Cセンサーを採用

 画素数は約2420万画素。APS-Cセンサーを搭載するコンデジとしては珍しく、光学3倍のズームレンズを採用。35mm判換算で24~72mmとなっており、明るさもF2.8~5.6と明るいレンズを搭載する。

ボディーは防塵・防滴構造を採用 グリップの上とレンズ周囲に操作ダイヤルを備える
ボディーは防塵・防滴構造を採用グリップの上とレンズ周囲に操作ダイヤルを備える
本体上面。露出補正ダイヤルを装備。ストロボを内蔵する 本体上面。露出補正ダイヤルを装備。ストロボを内蔵する

 画像処理エンジンには最新の「DIGIC 7」を採用。AUTOモードで被写体検出精度が向上しているほか、ノイズリダクションの進化による解像感の向上、高感度時や小絞り時の解像感の向上、ダイナミックレンジを広げる「オートライティングオプティマイザ」の進化などが実現している。また、感度設定もISO 25600まで可能になった。

 AFは像面位相差方式の「デュアルピクセルCMOS AF」が利用可能で、従来のコントラストAFよりも高速な合焦が可能だ。連写性能は秒間最大9コマで、AF追従では秒間最大7コマとなる。

本体背面。右の十字キーの外周も操作ダイヤルとなっている
本体背面。右の十字キーの外周も操作ダイヤルとなっている

 背面ディスプレーはチルト式からバリアングル方式に変更となり、タッチパネルディスプレーを採用。

 EVFは約236万画素の有機ELパネルを採用。EVFが有効な時は背面ディスプレーをタッチパッド代わりに使用でき、EVFを覗いた状態でモニター上でタッチやドラッグ操作などをすることでAFポイントを指定できる。

 撮影機能では新たに「パノラマショット」を搭載。カメラを上下または左右に振ることでパノラマ写真が記録できる。

 このほか、タイムラプス動画の撮影や星空モード、流し撮りモードなどが利用できる。

 ネットワーク機能は、無線LANに加えてBluetoothに対応。BLEに対応しており、スマホアプリからの起動(サスペンド復帰)やサスペンド状態でのカメラ画像の一覧表示、スマホのGPSを利用した位置情報の付与などが行なえる。

専用ソフトケース。税別の直販価格は1万4000円 ウォータープルーフケース。4万1800円
専用ソフトケース。税別の直販価格は1万4000円ウォータープルーフケース。税別の直販価格は4万1800円
レンズフード。直販価格は5000円 レンズフード。税別の直販価格は5000円

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン