このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ”第526回

秋の気配を感じる新潟の海岸で撮る猫

2017年09月18日 12時00分更新

文● 荻窪圭/猫写真家

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
品が良さそうなグレーの地域猫を草むらで発見。首筋の白い毛がマフラーのようでいい感じ。後ろには日本海がうっすらと(2017年9月 オリンパス OM-D E-M1 MarkII)
品が良さそうなグレーの地域猫を草むらで発見。首筋の白い毛がマフラーのようでいい感じ。後ろには日本海がうっすらと(2017年9月 オリンパス OM-D E-M1 MarkII)

 久しぶりに旅行先で見かけた猫シリーズ、今回は新潟県新潟市。

 それが、夏がリベンジに来たような暑さだったため日中はネコに全然会えなくてショックを受けていたのだけど、新潟の地形や成り立ちがわかるところを案内してくれた友人が(そんなリアルブラタモリみたいな人ばかりなので、おまかせすると普通の観光地にはまず行きません)たまたま猫好きで、ここならって場所へ連れて行ってくれたのだ。

 新潟市は砂の上にできた都市で、新潟市中心部自体が川が運んだ砂が集まってできた砂丘の上にある。砂の街である。

 街はもちろん舗装や建物で砂を意識することなんてないが、海岸近くへ行くと今でも成長する砂丘の様子を見られて実に興味深いのである。

 で、日が大きく傾いた頃、海岸近くに猫がいたのである。

 それが冒頭写真。すごくきれいなグレーの地域猫だが、後ろにうっすらと見えているのが日本海とテトラポッド。海岸から少しはいった砂地の草むらで出会ったのである。

 日が傾き、涼しくなってきたので日向でも気持ちよく眠れるようになったのだろう。

 逆に言えば、秋の大きく傾いた日差しの中でネコを撮ることになったわけだ。これ、結構難易度高い。低い位置に日があるので開けた場所でも意外に遠くの建物の影が伸びてくるし、日向と日陰の明るさの差も大きいし、順光と逆光の差も激しいのだ。

 そんなときに心がけるのは2つ。ひとつは「めげずに撮る」。もうネコはこっちの希望通りに動いてはくれないので苛酷な光の環境でも気にしない。もうひとつは「光を利用する」。あ、この光はいいと思ったら逃さずに使うべし。

 さて最初はシロネコ。実に気持ちよさそうに草むらで寝ております。ほどよく日差しがあたってていい。

見てる分にはかわいいが、これ、ピントあわせが大変。AF枠を一番小さいのにして草の間に見えてるネコの顔に合わせるか、マニュアルフォーカスで(2017年9月 オリンパス OM-D E-M1 MarkII)
見てる分にはかわいいが、これ、ピントあわせが大変。AF枠を一番小さいのにして草の間に見えてるネコの顔に合わせるか、マニュアルフォーカスで(2017年9月 オリンパス OM-D E-M1 MarkII)

 4人で寝顔を見てたらシロネコも視線にきづいちゃって奥へ引っ込んでしまったのである。起こしてすまんかった。

 と思ったら、お次はクロネコ登場。こっちにトコトコと歩いてくるではないか。

この日は暑かったので、ネコもできるだけ日陰を使おうというルート選択。だからどうしても日陰に入りがちなのだ(2017年9月 オリンパス OM-D E-M1 MarkII)
この日は暑かったので、ネコもできるだけ日陰を使おうというルート選択。だからどうしても日陰に入りがちなのだ(2017年9月 オリンパス OM-D E-M1 MarkII)

 ちょうど東から、つまり順光で来てくれたので黒い毛がキラキラして黄色い目もキラキラしていい感じだと思ったら……秋の午後の日差しは低く、影がすごく伸びるのであった。

 4人がかたまって「クロネコが歩いてきた」ってやってるもんだから、影に入っちゃうのである。

 そういうときはもう、ネコが日向と日陰の両方にかぶる位置を狙って明暗差を利用すべし。完全に日陰に入っちゃうと……特にクロネコだと写真が弱くなるから。

 このネコ、めちゃ人に慣れてて、近づいても逃げない。首筋をボリボリしてやると気持ちよさそうに目を閉じて舌をペロリ。

 撫でられるために来たとしか思えないのはいいんだが、目を閉じられると何がなんだかになっちゃうので、舌が出た瞬間を狙った次第。

ペロペロと舌が出てたので、舐めてる瞬間を狙って撮ってみた。気持ちよさそうである(2017年9月 オリンパス OM-D E-M1 MarkII)
ペロペロと舌が出てたので、舐めてる瞬間を狙って撮ってみた。気持ちよさそうである(2017年9月 オリンパス OM-D E-M1 MarkII)

 顔のアップを撮ろうと近づいたら大あくび。その瞬間は逃しません。よく見ると口元に砂がついてるが、砂丘だからしょうがあるまい。

大あくびを正面から。ピントは舌に合わせてみた。下あごによだれがついてて砂粒が(2017年9月 オリンパス OM-D E-M1 MarkII)
大あくびを正面から。ピントは舌に合わせてみた。下あごによだれがついてて砂粒が(2017年9月 オリンパス OM-D E-M1 MarkII)

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン