このページの本文へ

らでぃっしゅぼーや、自社便の送料無料枠を拡大・値下げを実施

文●通販通信

2017年08月28日 02時26分更新

記事提供:通販通信

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

らでぃっしゅぼーや(株)は25日、自社便の配送料金設定を見直し、10月2日から配送料無料対象枠を拡大すると発表した。

3年以上利用のユーザーの送料を優遇

 今回の改定では、配送料が無料となる購入金額を「1回あたりの購入金額5000円以上」(※これまでは8000円以上が対象)に引き下げ、野菜の品目数や分量を選んで注文する「ぱれっと」やカタログ注文の各コースでも、5000円未満の購入時の送料をそれぞれ180円~500円に値下げする。

 また、利用期間が3年以上となるユーザーへの優遇策として、定期購入商品(「ぱれっと」など)の注文があれば、配送料を一律無料とする。定期購入商品以外(カタログ注文品のみ)では、5000円未満の購入に対して300円~500円の送料が必要となる。

 同社では、昨年9月から配送サービスの品質強化を目的に、配送スタッフのマイスター制度を開始。配送スタッフに、ただ商品を届けるのではなく、利用者の要望や質問にも答えられる“コンシェルジュ(御用聞き)”のような役割を持たせている。同制度には、配送スタッフのサービス提供スキルに応じて「ブロンズ(初級)」「シルバー(中級)」「ゴールド(上級)」の3段階の格付けがあり、全国5拠点の物流センターに所属する配送スタッフが同じ配送品質を提供できるよう、評価を見える化(資格化)を図っている。

 今後も同社では、こうした施策を通じてユーザーが安心・安全できる食材を提供。さらに、EC市場の拡大に伴って宅配便料金が値上げ傾向にある中で、利用しやすい料金設定を実施し、サービス向上を目指したいとしている。

■らでぃっしゅぼーや

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く

ランキング