このページの本文へ

ASUS、スタジオグレードの録音品質を実現した配信向けマイクを発表

2017年08月24日 15時35分更新

文● 江幡/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ASUS JAPANは8月24日、手のひらサイズに豊富な機能とスタジオグレードの録音品質を実現した配信者向けゲーミングマイク「ROG Strix Magnus」を発表した。8月25日から発売する。

 マイクグリル内には、3基のスタジオグレード14mmコンデンサーカプセルを採用。ボーカルのニュアンスを捉え、レコーディングに一段階上のプロフェッショナリズムをもたらすとしている。また、単独録音に最適な“カーディオイド”、ステレオ録音に最適な“ステレオ”、環境ノイズを抑制する“ENC”といった3種類のレコーディングモードを搭載。目的に合わせて最適なセッティングを実現できるとうたう。

 外装には“Aura Sync”テクノロジーに対応するライトが内蔵され、1680万色以上の色の組み合わせと4つの発光パターンに対応する。本体サイズは幅95×奥行き50×高さ130mm。マイク感度はマイナス35dB プラスマイナス3dBで、ヘッドフォン出力やライン入力用の3.5mmミニジャックを備える。価格は2万7000円前後。

専用ケースやマイクスタンド用の変換アダプターが付属

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン