このページの本文へ

Western Digital「WD Blue 3D NAND SATA SSD」シリーズ

64層3D NAND採用のWD製SSDが計7モデル同時デビュー

2017年08月18日 22時09分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Western Digitalから、64層の3D NANDフラッシュを採用するSATA3.0対応SSD「WD Blue 3D NAND SATA SSD」シリーズが発売された。ラインナップは、2.5インチとM.2 2280の2タイプだ。

64層の3D NANDフラッシュを採用するSATA3.0対応SSD「WD Blue 3D NAND SATA SSD」シリーズ

 発売されたのは、2.5インチ7mm厚タイプの250GB「WDS250G2B0A」、500GB「WDS500G2B0A」、1TB「WDS100T2B0A」、2TB「WDS200T2B0A」の4モデルと、M.2 2280タイプの250GB「WDS250G2B0B」、500GB「WDS500G2B0B」、1TB「WDS100T2B0B」の3モデル、合わせて7モデルだ。なお、M.2 2280タイプの2TB「WDS200T2B0B」は後日発売予定。

ショップにより取り扱いラインナップは異なる

 最大転送速度はシーケンシャルリード560MB/sec(250GBモデルは550MB/sec)、同ライト530MB/sec(120GBモデルは525MB/sec)、ランダム読込最高9万5000IOPS、書込最高8万4000IOPS(120GBモデルは8万1000IOPS)。MTTFは175万時間、TBWは120GBモデルから順に100TB、200TB、400TB、500TB。M.2 2280タイプを含めSATA3.0対応モデルとなるが、「M.2タイプのSATA SSDはまだまだ問い合わせも多い」とのこと。

 価格は250GBが約1万2400円、500GBが約2万1000円、1TBが約3万9800円、2TBが約7万8600円。パソコンショップアーク、ドスパラ パーツ館、ツクモパソコン本店、ツクモDOS/Vパソコン館、TSUKUMO eX.で販売中。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中