このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

台湾クアルコムの主要人物や人気韓流俳優も登場!

ASUS史上最大の盛り上がり!? カメラに特化した「ZenFone 4」発表会レポート

2017年08月18日 13時00分更新

文● 平澤寿康 編集●ゆうこば

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

全モデルともSoCはSnapdragonを採用。価格は599ドルから

 今回発表された5機種は、全機種がプロセッサーにクアルコムのSnapdragonシリーズを採用している。具体的には、ZenFone 4がSnapdragon 660、ZenFone 4 ProがSnapdragon 835、ZenFone 4 SelfieがSnapdragon 430、ZenFone 4 Selfie ProがSnapdragon 625、ZenFone 4 Max ProがSnapdragon 425または430(発売地域によって異なる)を採用している。

ZenFone 4シリーズは全機種でプロセッサーにクアルコムのSnapdragonを採用

 そして、発表会には台湾・クアルコムの社長のST Liew氏が登壇し、「クアルコムとASUSは長い間パートナーとして、優れたイノベーションを提供しています」と、ASUSとの関係を述べるとともに、発表されたZenFone 4シリーズについて「非常に素晴らしい製品ばかり」と賛辞を述べた。

 また、ZenFone 4 Proに搭載されているSnapdragon 835について、非常に優れたCPUの処理能力でアプリケーションが快適に動作し、高性能GPUでゲームも快適にプレイできると紹介。そしてST Liew氏は、「今後もASUSとのパートナーシップを強化し、よりよい製品を提供できるように協力していきます」と述べ、挨拶を終了した。

発表会には、台湾・クアルコムの社長・ST Liew氏が登壇し、挨拶

Snapdragon 835の性能の高さをアピールする、ST Liew氏

 ZenFone 4シリーズ全機種で、UIには最新の「ZenUI 4.0」を採用する。従来のZenUI 3.0では、オリジナルアプリを含めて多数のアプリがプリインストールされていたが、ZenUI 4.0ではシンプルさを追求し、オリジナルアプリやサードパーティアプリも含めてプリインストールアプリを大幅に削減。

ZenFone 4シリーズでは、UIに最新の「ZenU 4.0」を採用。プリインストールアプリを最小限にしてシンプルさを追求したという

 また、OSには全機種がAndroid 7.1もしくは7.0を採用するとともに、次世代のAndroid Oへのアップデートも約束。加えて、従来モデルのZenFone 3シリーズにも、ZenUI 4.0とAndroid Oへのアップグレードされることも示された。

ZenFone 4シリーズはAndroid 7.x(Nougat)を採用し、Android Oへのアップデートも約束。加えて、ZenFone 3シリーズでもZenUI 4.0とAndroid Oへのアップデートを提供するという

 最後に、ASUSの発表会ではおなじみとなっている、ASUS会長のJohnney Shih氏による各製品の価格発表。

 発表された価格は、すべてが米ドルベースで、ZenFone 4が399ドル(約4万4000円)から、ZenFone 4 Proが599ドル(約6万6000円)から、ZenFone 4 Selfieが279ドル(約3万1000円)から、ZenFone 4 Selfie Proが379ドル(約4万2000円)からとなる。発売時期や地域については言及されず、日本での発売についても現時点では未定だ。

ASUS発表会おなじみの、Johnney Shih氏による価格発表。ZenFone 4は399ドルから

ZenFone 4 Proは599ドルから

ZenFone 4 Selfieは279ドルから

ZenFone 4 Selfie Proは379ドルから

ZenFone 4のCMキャラクターにコン・ユさんが登場
会場は興奮のるつぼに

 ところで、ZenFone 4シリーズのCMでは、韓国の俳優、コン・ユさん(台湾では「孔劉」と表記)が起用されており、今回の発表会にもコン・ユさんが登場。

今回の発表会は一般の人も入れる形式で開催されたので、いつもの発表会と違って多くの人が会場に詰めかけていた

芸能人が登場するとあって、地元台湾のテレビ局の取材も多かった

 実は、台湾でもコン・ユさんはかなり人気があるそうで、発表会にはコン・ユさんのファンも多数詰めかけていた。これは、一般の人たちも入れるような形で発表会が開催されたからで、早い人では前日の夜から会場で並んでいたという。

 また、会場内に入れない人のために、外にパブリックビューイングスペースも用意する力の入れようだった。

新製品プレゼンテーション終了後、ZenFone 4シリーズのCMに出演しているコン・ユさんが登場

コン・ユさん目当ての一般の人たちは、登場直後から大盛り上がり

会場隣には、入れなかった人のためにパブリックビューイングスペースも設けられた

 そして、ZenFone 4シリーズの紹介がひと通り終わった後にコン・ユさんが登場すると、会場のファンの女性から、まさに黄色い悲鳴と呼ぶにふさわしい大きな歓声が上がった。

 筆者は、これまでにASUSの発表会を多数取材してきたが、女性の黄色い悲鳴が飛ぶASUSの発表会は今回が初めてだった。コン・ユさんは、CM撮影秘話などを話し、会場は大いに盛り上がった。

 最後には、ファンの女性数名をステージに上げ、ZenFone 4を使って一緒にセルフィーを撮影するという、ファンにはたまらないサービスも。もちろん、間近でコン・ユさんが見られたことで、セルフィー撮影に選ばれなかった一般の人たちも大満足のようだった。

Johnney Shih氏と並んでZenFone 4シリーズを手にするコン・ユさん

来場客数人を壇上に上げて、一緒にセルフィー撮影

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

ピックアップ