このページの本文へ

Razer「Razer Lancehead」

ラグを極限まで抑えたRazer製マウス「Razer Lancehead」

2017年08月02日 23時34分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Razerから、左右対称デザインを採用するワイヤレスゲーミングマウス「Razer Lancehead」が登場。最新ワイヤレス技術「Adaptive Frequency Technology」を採用する。

左右対称デザインを採用するワイヤレスゲーミングマウス「Razer Lancehead」

 「Razer Lancehead」は、Razer独自の適応型周波数テクノロジー「Adaptive Frequency Technology」を採用。高度なワイヤレス技術により、ミリセカンド単位の間隔で常に周波数チャネルをスキャンしてあらゆる干渉を検知。シームレスに使用周波数帯域を切り替えることにより、ラグのまったくないデータ転送を可能にした。

搭載センサーは解像度16000DPIのレーザーセンサー「True 16,000 DPI 5G laser sensor」。先月発売のワイヤードモデル「Razer Lancehead Tournament Edition」は光学式だった

 搭載センサーは解像度16000DPIのレーザーセンサー「True 16,000 DPI 5G laser sensor」。トラッキング速度は最大210IPS、加速度は最大50G。ボタン数はプログラム可能な9ボタンで、メインスイッチには耐久性5000万回のオムロン製スイッチを採用している。

1680万色のカラーイルミネーション機能「Razer Chroma」をサポート。

 また、ワイヤレスで利用する場合は付属のケーブルアダプターに2.4GHzドングルを差し込んで利用する仕組み。充電またはワイヤードの場合はマウス本体に直接USBケーブルを接続する。なお、バッテリー寿命はライティング使用時で約24時間(充電時間は約4時間)。

ワイヤレス時は付属のケーブルアダプターに2.4GHzドングルを差し込んで利用

 そのほか、1680万色のカラーイルミネーション機能「Razer Chroma」、即座にDPIを調整できる「クイックDPI調整」などの機能に対応。サイズは71(W)×126(D)×38(H)mm、重量113g。

 価格は1万6329円。パソコンショップアーク、ツクモパソコン本店、ツクモDOS/Vパソコン館、TSUKUMO eX.で販売中だ。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中