このページの本文へ

パソコンに付属するACアダプターを用いてパソコンを充電しつつ、USB Type-CからDisplayPort映像出力

センチュリー、充電しながら4K出力できる「USB Type-C to DisplayPort変換アダプター」

2017年07月28日 18時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「USB Type-C to DisplayPort変換アダプター」

 センチュリーは7月27日、PCを充電しながらDisplayPortへ出力が可能な変換アダプター「USB Type-C to DisplayPort変換アダプター」を発表。7月下旬に発売する。

 DisplayPort Ver.1.2に対応し、USB Type-C端子搭載パソコンからDisplayPortへ映像出力できるアダプターで、パソコン付属のACアダプターを接続すればUSB Type-Cが1ポートしかないパソコンでも本体を充電しつつ映像を出力できる。DisplayPort Ver.1.2 Alternateモードに準拠しており、最大4K UHD(3840×2160ドット/60Hz)に対応。

接続イメージ

 サイズはおよそ幅45×高さ45×奥行き15mm(ケーブル含まず)、重量約28g。ケーブル長さ約15cm。価格は3758円。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン