このページの本文へ

日本文化センター通販サイトに不正アクセス、カード情報流出か

文●通販通信

2017年07月21日 06時49分更新

記事提供:通販通信

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

(株)日本文化センターは19日、同社が運営する「日本文化センター公式通販サイト」のWEBサーバーに外部から不正アクセスがあり、カード情報を含めた個人情報189件が流出した可能性があると発表した。

 個人情報流出の対象は4月19日から5月12日に、同サイトでクレジットカード決済をした人。クレジットカード以外の決済手段を選んだ利用者は対象外となる。

 流出の可能性がある個人情報の種類は、氏名・住所・クレジットカード番号・クレジットカード有効期限・セキュリティコード。

 個人情報漏洩の原因は、WEBアプリケーションの脆弱性を利用した不正アクセスで、新規の申し込みをした際に登録されたクレジット会員データが抜き取られた可能性がある、としている。

 同社は5月12日にクレジットカード決済代行会社から不正アクセスの可能性についての連絡を受け、社内調査を開始。また、被害拡大を防止するため、同サイトのクレジットカード決済を停止した。6月1日には今回の内容を(公社)日本通信販売協会を通じて経済産業省に報告。6月12日に外部調査の最終報告があり、クレジットカード会社に調査結果を報告した。

 同社はシステムの脆弱性や管理体制について、実施可能な施策を行い、セキュリティを強化する。

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く