このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

柳谷智宣の「神アプリの説明書」第107回

無料で4000万曲を聴き放題の音楽配信サービス「Spotify」を徹底解説

2017年07月22日 12時00分更新

文● 柳谷智宣

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 大手の音楽配信サービスはいくつかあるが、中でも最大規模を誇るのが「Spotify」。2017年6月には月間アクティブユーザー数が1億4000万人を超えたという人気ぶりだ。今回は、そんな「Spotify」の使い方を徹底紹介する。

「Spotify」でお気に入りの曲もまだ出会ってない曲も存分に楽しめる

無料で4000万曲をシャッフル再生し放題!

 2017年6月15日、世界最大の音楽ストリーミングサービスである「Spotify」は、月間のアクティブユーザー数が1億4000万人を超えたと発表した。日本では2016年9月にスタートしている。

 最大のウリは4000万曲もの楽曲を無料で聴き放題という点。基本的にシャッフル再生のみで、時々広告が表示されたり、音質が抑えられていたり、ダウンロードができないといった制限はある。

 まずは早速「Spotify」をインストールしてみよう。アカウントを作成するかFacebookアカウントと連携させてログインする。「Home」画面が表示されれば、もういきなり楽曲を再生できるようになる。

Spotify(iOS版)
Spotify(Android版)

作者:Spotify Ltd.
価格:無料(アプリ内課金有り)


※アイコンの横の文字をクリックで、ダウンロードサイトにアクセスします。

アプリを起動したらアカウントを作成するメールアドレスを登録するほか、Facebookアカウントと連動することもできる
通知を許可する初回起動時に利用条件やプライバシーポリシーに同意する

手軽に簡単に好みのカテゴリーの音楽を聴きまくれる

 アプリを起動したら、まずは適当にプレイリストをタップしてみる。すると大きく「シャッフルプレイ」というボタンがあるのでタップすると再生が始まる。収録曲は下にスクロールすると確認できる。「フォロー」を押せば、このプレイリストをブックマークのように登録しておくことができる。「ダウンロード」は無料アカウントでは利用できない。

 タップするとすぐに音楽の再生が始まる。曲飛ばしボタンは利用できるが、曲戻しは利用できない。また、無料アカウントでこの曲飛ばしボタンを連続でタップしていると、そのうち使えなくなる。時間が経つとまた使えるようになるが、機能制限のひとつと言っていいだろう。もちろんシャッフル再生なので、曲を飛ばしても次に何が再生されるのかはわからない。

 ジャケット画像をタップすると歌詞が表示されるのは便利だ。誰もいないところなら、カラオケの練習もできそう。また、無料アカウントでは、時々広告が流れる。とは言え、音楽付きの広告で、ラジオを聞いている感覚なので不快ではない。時間は30秒程度だ。

ホーム画面から「人気プレイリスト」を適当に選んでみる「シャッフルプレイ」をタップする
楽曲が再生されたジャケットを切り替えると歌詞が表示される
「全画面」をタップすると歌詞が全画面で表示される「Spotify」はバックグラウンドで再生し続けてくれる
時々30秒間ほどの広告が再生されるが、ラジオだと思えば不快感はあまりない

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン