このページの本文へ

Amazon、多治見FCでヤギによる「エコ除草」開始

文●通販通信

2017年07月19日 02時32分更新

記事提供:通販通信

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

アマゾンジャパン合同会社は18日、アマゾン多治見フルフィルメントセンター(岐阜県多治見市)で、毎年恒例となっているヤギによる「エコ除草」を開始した。協力は農業生産法人(有)FRUSIC(岐阜県高山市)。

環境配慮と社員に「癒し」を提供

 「エコ除草」は、同社が環境に配慮した活動の一環として毎年実施しているもので、13年に導入して以来、今年で5回目。多治見FCは同社では国内2番目の大規模な物流拠点であり、自然環境に配慮して施設の整備を行うと同時に、社員に「癒し」を提供する意味合いもある。昨年の開催時には、約30~40頭のヤギたちがAmazonの社員証を着用し、雑草をほおばる姿がほほえましいと話題となった。

 今年の「エコ除草」では、10月末まで毎週火曜日の9時~15時にかけ、FRUSICが飼育するヤギを敷地の一部(約3750㎡)に放って除草を行う。今年は新人子ヤギの仲間入りこそなかったものの、今年出産予定のノゾミちゃん、ヒカリちゃんも除草に参加。間もなく誕生する子ヤギたちや、社員の間ではすっかり馴染みとなったクッキー君も参加する予定となっている。

 同社では、より利便性の高いサービスの向上に努めるため、「エコ除草」などを通じて、「社員の働きやすい環境づくりに取り組みたい」としている。

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く