このページの本文へ

丸亀製麺に並の麺量1.5倍の夏限定「旨辛肉つけうどん」誕生

2017年07月12日 18時25分更新

文● ラッキー橋本/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 トリドールホールディングスは7月12日、讃岐うどん専門店「丸亀製麺」から「旨辛肉つけうどん」を販売すると発表した。価格は並が690円、大が790円。7月19日から9月上旬まで一部店舗を除く全国の丸亀製麺で提供する。

 割り下で焼いたたっぷりの牛肉を、ラー油入りのピり辛だれにつけて食べる夏限定のメニュー。焼きごまをまぶしたたっぷりの牛肉と白ネギ・刻みのりを盛り付け、深い風味と香りを楽しめるようにごま油を加えている。

 つけだれは、濃いめの出汁にラー油と温泉玉子を加え、辛さとコクを味わえるように仕上げた。ラー油の辛味を楽しんだ後に温泉玉子のまろやかなコクが混ざることで、口いっぱいに広がる旨味を楽しめるという。

 なお、並サイズは麺量が1.5倍に増量している。

カテゴリートップへ

ピックアップ
もぐもぐ動画配信中!
アスキーグルメ 最新連載・特集一覧