このページの本文へ

SlasforceとG Suiteのカレンダーを同期するrakumo Syncをグローバルへ販売

rakumo、Stripe活用でAppExchangeでのアプリ販売を開始

2017年06月30日 11時00分更新

文● 大谷イビサ/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

6月29日、rakumoはSalesforceとG Suiteのカレンダーを双方向リアルタイム同期する「rakumo Sync」をセールスフォース・ドットコムのマーケットプレイスであるAppExchangeで販売することを発表した。決裁はクレジットカードの利用が可能。北米のAppExchangeにおいて、Stripeのクレジットカード対応の自動決済機能である「Checkout」を利用してアプリケーションをリスティングするのは、日本企業で初となるという。

AppExchange「rakumo Sync」ページ

 これまで規模の小さいソフトウェアベンダーが、海外向けにB2B向け製品・サービスを展開するにあたっては、市場展開や決済、売掛回収など数多くの障壁が存在しており、海外向けの販売が難しい状況だった。今回はセールスフォース・ドットコムとAppExchange内でCheckout機能を提供するStripeの協力により、日本に本社を構えながら海外のユーザー向けに、非常に少ない労力でサービス提供を行なうことが可能になったという。

 価格は1ライセンス(年契約)あたり月額利用料4ドルで、別途SalesforceとG Suiteのライセンス料が発生する。

カテゴリートップへ

ピックアップ