このページの本文へ

ここでしか読めないネタの「連載」「特集」が満載!ASCII倶楽部情報局第198回

アスキースマホ総研・白書 第38回

やっぱりパカパカのケータイ使いたい! ガラホの料金からLINEまでを徹底解説!

2017年06月14日 18時00分更新

文● ちゅーやん

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アスキーの会員サービスASCII倶楽部では、会員の方だけが読めるさまざまな連載や特集が毎日更新中。有料の会員サービスですが、現在3日間無料キャンペーンを実施中です! 詳細は記事末尾をご確認ください。

 本日は、ASCII倶楽部で5月31日に公開した「やっぱりパカパカのケータイ使いたい! ガラホの料金からLINEまでを徹底解説!」を紹介します。


ガラホって何? どんなことができる?

 「ガラホ」とは、スマートフォン用のOSや部品を利用して、フィーチャーフォンとして作られた端末のこと。フィーチャーフォンを揶揄する「ガラケー(ガラパゴスケータイ)」と「スマホ(スマートフォン)」の2語を組み合わせた造語である。今回はフィーチャーフォンではなく、Androidベースのガラホをテーマに掘り下げていく。

3キャリアを代表する最新ガラホ。左からドコモ「P-smart ケータイ P-01J」、au「TORQUE X01」、ソフトバンク「AQUOS ケータイ2」

 総務省の「平成26年通信利用動向調査」によれば、インターネット利用端末の割合はスマートフォン47.1%に対して、フィーチャーフォン(携帯電話)は17.8%。フィーチャーフォンを必要とするユーザーはまだまだ多くいる。

 しかし、スマートフォンに比べて販売台数が少ないフィーチャーフォン用のOSや部品を開発し続けるのは、キャリアにとってもメーカーにとってもコストが高く付く。そこで生まれたのが「ガラホ」。スマートフォン用のOSや部品を転用し、テンキーに二つ折りというパッケージングに収め、シンプルなユーザーインターフェースを踏襲することで、フィーチャーフォンを使い続けたいというユーザーのニーズに応えているわけだ。

TORQUE X01の「端末情報」を確認すると、OSは「Android 5.1.1」、CPUは「Qualcomm MSM8909」とスマートフォン用のものが使われているのがわかる

 現在発売されているガラホには基本的にAndroidが採用されているが、スマートフォンと決定的に違う点がある。それは各種アプリを入手するための「Playストア」を搭載していないこと。そのためスマートフォンのように数多くのアプリケーションを自由にインストールできない。

 キャリアや端末メーカーが独自にアプリ提供サイトを開設しているが、そこから利用できるのはウェブアプリだ。オセロやソリティアなどカジュアルなゲームは楽しめるが、「ポケモンGO」や「ファイアーエムブレム ヒーローズ」のように作り込んだゲームは遊べない。

キャリアや端末メーカーのアプリ提供サイトを覗いてみても、パズル、カードゲーム、テーブルゲームなど、カジュアルなコンテンツしか並んでいない

 ただし、現在発売されているガラホには1機種を除き「LINE」アプリが提供されている。また、スマートフォンと同等のウェブブラウザーが搭載されており、メール、カメラ、地図、ワンセグ、おサイフケータイは当然利用可能だ。詳しくは後述するがTwitterやFacebookもウェブブラウザーから利用できる。元々ほとんどアプリケーションを追加しないユーザーなら、ガラホでもやれることはほとんど変わらないと言える。

今回キャリアから借用した「P-smart ケータイ P-01J」、「TORQUE X01」、「AQUOS ケータイ2」すべてに「LINE」がプリインストールされていた「AQUOS ケータイ2」のアプリ一覧には、メール、ブラウザー、LINE、アラーム、カメラ、地図、ツール、データ、サービス、電話機能、プロフィール、設定のアイコンが並び、ツールからはカレンダー、TV、メモ帳、電卓、歩数計などを利用できる。これだけあれば十分という人は多いはずだ

今、販売されているガラホのラインナップ

 現在ガラホはドコモ、au、ソフトバンクの3社から、それぞれ4機種が現行製品として販売されている。端末購入時にもっとも注意すべきなのは「通信速度」。まだガラホには高速通信規格「LTE」に対応していない製品が残っている。ウェブブラウザーや地図アプリケーションなどを快適に利用したいのなら、LTE対応モデルを購入するべきだ。

 また、インターネット接続をWi-Fi端末と共有するための「テザリング」に対応しているかどうかも重要なポイント。テザリング機能に対応していれば、ガラホは携帯電話として割り切って、アプリケーションはWi-Fi通信に対応したタブレットで楽しむという活用方法も可能だ。

 最後に注意してほしいのが今回のガラホのなかで「かんたんケータイ KYF32」のみLINEに対応していないこと。ASCII.jpの読者自身が選ぶ端末ではないだろうが、たとえば両親とLINEでやり取りする可能性があるなら、両親が購入する端末候補からはずしたほうがいい。

ガラホのテザリング機能を利用すれば、安価なWi-Fi対応タブレット端末を外出先で利用できる。Amazonプライム会員なら、7型の「Fire 7 タブレット」なら4980円から、8型の「Fire HD 8 タブレット」なら7980円から購入可能だ

 続きは「やっぱりパカパカのケータイ使いたい! ガラホの料金からLINEまでを徹底解説!」でお楽しみください。

 なお、こちらの記事の続きを読めるのはASCII倶楽部会員の方限定。いまならASCII倶楽部3日間無料お試しキャンペーンを実施中! 詳細は下記をご覧くださいませ。

 ASCII倶楽部には、今回紹介した記事だけでなく、PCやスマホ、カメラ、テレビ、オーディオなどの会員だけが読める連載が毎日更新されております!

3日間無料トライアルキャンペーン実施中!

 アスキーの会員サービス(月額1080円)「ASCII倶楽部」では、週刊アスキー 電子版の最新号から過去3年ぶん以上のバックナンバーが読み放題となっております。

 加えて、ASCII倶楽部では会員の方だけが読める連載・特集記事やニコ生のアーカイブ、さらにはイベント(!)も楽しめちゃいます。

 そんな月額サービスのASCII倶楽部はただいま3日間無料トライアルキャンペーンを実施中。トライアルキャンペーンでは、ASCII倶楽部のすべてのコンテンツを利用できるので、期間内であれば週アスも読み放題!

会員制読み放題サービス
ASCII倶楽部(アスキークラブ)

■利用料金
月額1000円+税(税込1080円)
※毎月1日~末日までの利用料金として

■支払方法等
●以下のクレジットカードによるお支払いとなります。
* VISAカード/MasterCard/アメリカン・エキスプレスカード/JCBカード
※ご利用になる決済機関によって決済時期及び決済方法が異なります。
それぞれの決済機関が定める利用規約等をご確認ください。

■提供時期
月額利用料金の支払い後、すぐに利用可能。

■推奨環境 <端末・ブラウザ>
【PC】
・OS
Windows 7 以上 , Mac OS X 10.10以上
・ブラウザ
(Windows)Internet Explor 11※Edgeは除く , Google Chrome , Firefox
(Mac)Safari
【スマートフォン】
・OS
iOS 8 以上 , Android 4.x以上
・ブラウザ
(iOS)Safari
(Android)Google Chrome

URL ASCII倶楽部

この連載の記事

週刊アスキー最新号

  • 週刊アスキー No.1252(2019年10月15日発行)

バックナンバー

  • 週刊アスキー No.1251(2019年10月8日発行)

  • 週刊アスキー No.1250(2019年10月1日発行)

  • 週刊アスキー特別編集 週アス2019October

  • 週刊アスキー No.1249(2019年9月24日発行)

  • 週刊アスキー No.1248(2019年9月17日発行)

注目ニュース

ASCII倶楽部の最新記事