このページの本文へ

面倒な認証を丸投げできる「Auth0」へ既存ユーザーをラクに移行する方法

2017年05月31日 17時00分更新

記事提供:WPJ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

運用中のWebサービスで使っている認証・ID管理サービスがある日、終わってしまったら……。そんなとき、既存ユーザーをラクに移行できるAuth0の使い方を紹介します。

ユーザーの移行は怖い作業ですが、避けられない場合もあります。開発者にとっては困難で、ユーザーにとっては不便で、ビジネスオーナーにとってはコストがかかります。ユーザーをあるサービスやプラットホームから別のものに移行しなければならない理由はさまざまで、たとえば、現在利用しているアイデンティティプロバイダがサービスを停止することになった、所属する組織が自分たちでユーザーを管理したくないと考えている、プログラミング言語やフレームワークの変更、そのほかにも多くのことが考えられます。

Auth0はシンプルで簡単に利用できる、優れた認証・ID管理プラットホームを開発者に提供しています。Auth0プラットホームの主な特徴は、ユーザーにパスワードの変更をさせることなく、どのような既存のデータソースからでもユーザーをAuth0に移行できることです。

Stormpathは「Stormpath」というサービスとしての認証(Authentication as a Service)を提供する会社でしたが、最近Oktaに買収されました。OktaはStormpathを2017年8月に廃止すると発表しており、Stormpathを利用している開発者はそれまでに新たなソリューションに移行しなければなりません。そこで、この記事ではStormpathからAuth0へ簡単にユーザー移行ができる方法を紹介します。

この記事をWPJのサイトで読む

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く