このページの本文へ

Thermaltake「Pacific W4 RGB CPU Water Block」

Thermaltakeから256色発光のCPU用水冷ブロックがアキバに登場

2017年05月30日 23時50分更新

文● 藤田忠 編集●ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 リング状のLEDを備え、専用コントローラーで発光色や発光パターンを操作できるCPU用ウォーターブロック、Thermaltake「Pacific W4 RGB CPU Water Block」(型番:CL-W139-CU00SW-A)が発売された。

256色発光のLEDを備えるCPU用ウォーターブロック「Pacific W4 RGB CPU Water Block」

 Pacific W4 RGB CPU Water Blockは、アクリル樹脂製トップカバーとニッケルメッキ仕上げの銅ベースプレートで構成。円形トップカバーの外周にLEDを備え、付属のコントローラーで発光色や発光パターンを切り替えることができる。

円形状にLEDを備え、付属のコントローラーでカスタマイズできる

 対応フィッティングはG1/4タイプ。Socket AM4のほか、AM2/AM2+/AM3/AM3+/AM4/FM1/FM2/FM2+、LGA 775/115x/2011/2011-v3で利用できる。

 価格はオリオスペックで1万1858円だ。


【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中