このページの本文へ

PHP開発者がいまさら聞けない、Xdebugの基礎の基礎

2017年05月30日 18時21分更新

記事提供:WPJ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

「Xdebug」は15年間愛されてきた、PHPの定番デバッグツール。それでもまだ使ったことがないPHP開発者のために基本的な使い方を紹介します。

Xdebugの登場から15年が経ちました。ここでXdebugの目的や機能をあらためて紹介します。

XdebugはPHPのエクステンション(コンパイルしてPHP環境にインストールするもの)で、デバッグの機能を提供します。

  • スタックの追跡。エラーが発生するまでの経過を詳細に表示する。関数に渡されたパラメーターも表示され、エラーの原因を探しやすくする
  • var_dumpを整形して出力する。VarDumper同様、色分けした情報と構造化ビューを生成。スーパーグローバルのダンパーが可能
  • コードのボトルネックを特定するプロファイラー。外部のツールでパフォーマンスのグラフをビジュアライズでき、Blackfireのようなグラフが書ける
  • 実行中のコードや、IDE、ブラウザーなどのエンドクライアントにリモートでXdebugを接続するリモートデバッガー。コードにブレークポイントを設定して1行ずつアプリケーションを実行できる
  • リクエスト中に実行されたコードの量を示すコードカバレッジ。ユニットテストで使う。テストでカバーしたコードの割合が分かる

Xdebugの使い方

Xdebugのインストール手順書は、ほぼすべてのケースを網羅しています。ですが、これから説明する機能を使うなら、エクステンションがインストールされてアクティベーション済みの改良版Homesteadがおすすめです。

この記事をWPJのサイトで読む

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く