このページの本文へ

Webマーケターのための統計学入門(仮説検定・回帰分析編)がスタート

2017年05月30日 17時48分更新

記事提供:WPJ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

統計学で精度の高い分析がしたくても、難しいと諦めていませんか? Webの改善で立てた仮説を、「仮説検定」や「回帰分析」を使って検証する方法を解説します。

WPJの入門コンテンツ「Lesson」6月は、瀬下大輔のマーケターが身につけたい統計学(仮説検定・回帰分析編)をお届けします。1月に公開して好評だった「瀬下大輔のマーケターが身につけたい統計学(仮説検定・回帰分析編)」に続く、待望の実践編です。

統計学の鬼門、統計学的仮説検定をWebのアクセスデータで分かりやすく解説

Googleアナリティクスでアクセス分析ができるようになっても、結果をどう判断したらいいのかわからないことはよくあります。マーケター向けの統計学入門であるこのLESSONでは、100種類以上ある仮説検定から、Webの分析に使えるt検定とχ2検定を解説します。母集団と標本を理解した上で、仮説が正しいと言えるのか、テストの期間が十分だったのかなどを検証します。

この記事をWPJのサイトで読む

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く