このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

カスタマイズレッツノート15周年記念!

レッツノートが直販にかけた15年間の思いとは? 池澤あやかさんとパナソニックに直撃

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷


インテル® Core™ i7 vPro™ プロセッサー搭載
パナソニックストアでも好評発売中(jp.store.panasonic.com/pc/)
Intel Inside® 圧倒的なパフォーマンスを



 レッツノートの2017年夏モデルは、同年春モデルと比べて劇的な変更は少ないが、その分ユーザーの満足度を底上げするきめ細やかなアップデートとなっている。

新世代レッツノート「XZ6」は使い勝手が向上
店頭モデルにアクティブペンが付属し、キーボード部も単体で販売

レッツノート XZ6

 まず、店頭モデルについてだが、春に新登場した「レッツノート XZ6」関連が大きく変更されている。従来、直販モデルでしか選べなかったタブレット部にバッテリー(L)を内蔵した長時間駆動モデルが登場した。

 タブレット単体では、バッテリー(S)内蔵モデルと比べて約2倍となる約9時間の駆動時間(公称値)を実現。重量は約655gと100gほど重くはなるが、外出先などでも活躍させるシーンが多い人には心強い仕様と言えるだろう。

 また、XZ6の店頭モデルに対して、手書きメモやプレゼンテーションに便利な「アクティブペン」が付属するようになる。従来ではキャンペーンに応募するか、1万584円で別途購入する必要があったが、夏モデルではより手軽にペン機能を使うことができる。

 さらに、「家と仕事場にキーボードベースユニットを置き、移動時はタブレットのみで使いたい」という声に答え、キーボードベースユニットがオプション購入可能となる。こちらもバッテリーパック(L)を搭載しているため、より長時間の利用に耐えられる。

レッツノート XZ6の店頭モデルスペック(クリックして拡大します)

SZ6とLX6には2ストレージモデルが登場
RZ6は全モデルに「Windows 10 Pro」搭載

レッツノート SZ6

 軽量クラムシェルモデル「レッツノート SZ6」では、店頭モデルでも2ストレージモデルが選択可能に。構成は128GBのSSDと1TBのHDDとなり、保存しておきたいデータは多いがアクセス速度などを妥協したくないユーザーには朗報だ。

レッツノート SZ6の店頭モデルスペック(クリックして拡大します)

レッツノート LX6

 加えて、14型のクラムシェルモデル「レッツノート LX6」もSZ6と同じ構成の2ストレージモデルを用意。さらに、インテルの第7世代Core i7プロセッサー搭載モデルも用意されたため、動画編集などよりハードな使い方をしたいユーザーはこちらを選ぼう。

レッツノート LX6の店頭モデルスペック(クリックして拡大します)

レッツノート RZ6

 折りたたみ式の2in1 PC「レッツノート RZ6」に関しては、全モデルのOSが「Windows 10 Pro」に変更。暗号化機能やリモートデスクトップ機能などビジネスに便利な機能が追加料金なしで利用できる。

レッツノート RZ6の店頭モデルスペック(クリックして拡大します)

直販モデルは、全シリーズで多彩なストレージ容量が選べる
カラー天板などで引き続きカスタマイズ可能!

 つづいて、パナソニックストア直販モデルについてだが、先述の座談会のとおり、今年はカスタマイズレッツノート15周年となる節目の年。2017年夏モデルでは、従来からより一層、自分の用途に合わせられるモデルが用意された。

 店頭モデルと同じくXZ6ではキーボードベースユニットのオプション販売を開始。さらに、XZ6、RZ6、SZ6、LX6の全モデルにおいて選べるストレージの種類が拡大。XZ6とRZ6では512GB/1TBのSSD、SZ6では512GBのSSD、LX6では、256GB/512GB/1TBのSSDが新規に選べるようになった。

たとえばXZ6のプレミアムエディションでは、ホイールパッドと天板をライジングレッドに変更することも引き続き可能

 もちろん従来どおり、カラー天板の選択や、プレミアムエディションにおいては、16GBメモリーなど、こだわりの仕様に変更することが可能。予算と用途に応じてカスタマイズしよう。

パナソニックストア限定!
カスタマイズレッツノート15周年キャンペーンを実施

 パナソニックストアでは、カスタマイズレッツノート15周年を記念して複数のキャンペーンを用意している。

たとえば、XZ6のキーボードベースユニット購入後に、特設ページからエントリーし、アンケートに答えると抽選で15名様に、パナソニック3万ショッピングポイントとXZ6本体とキーボードベースユニットが充電可能なACアダプターがプレゼントされる。

 そのほかにもパナソニックの格安SIM「Wonderlink」の初期費用や月額費用6ヵ月分が無料になるものや、XZ6のオリジナル専用タブレットケースがもらえるキャンペーンなどを実施。それぞれ条件や期間などは異なるため、ぜひ一度、15周年スペシャルサイトをチェックし、おトクにカスタマイズレッツノートをゲットして欲しい。


Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Core、Core Inside、Intel vPro、vPro Insideは、アメリカ合衆国および/またはその他の国における Intel Corporation の商標です。

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ