このページの本文へ

折りたたみドローンMavic Proは飛行時間30分と静音化を達成

DJI、IFA 2017にて新型空撮ドローン2機種を発表

2017年09月01日 18時30分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「Mavic Pro Platinum」

 DJIは9月1日、ドイツ・ベルリンで開催中の「IFA 2017」にて、空撮ドローンの新機種2製品を発表した。

Mavic Pro Platinumは従来のMavic Pro同様に折りたたんで携帯に便利

 「Mavic Pro Platinum」は、既存の折りたたみ式小型ドローン「Mavic Pro」の改良モデル。ESC(電子速度コントローラー)とプロペラの改良により、飛行時間が11%増加して最大30分となったほか、飛行中のノイズも約60%軽減されている。また、ボディは新たにプラチナカラーを採用している。

「DJI SPARK」と新たに搭載した「Sphere mode(スフィアモード)」。小型サイズに加えてジェスチャーアクションで操作できるなど手軽な飛行が可能

 手のひらサイズながら空撮できるマイクロドローン「DJI SPARK」には、パノラマ機能として魚眼レンズ風のパノラマ写真を作成できる「Sphere mode(スフィアモード)」が追加。この機能は近日中に公開される「DJI GO 4」アプリとSPARKのファームウェア更新で実装する。

マットグレーの新カラーとなった「PHANTOM 4 PRO OBSIDIAN」

 DJIドローンのフラッグシップモデル「PHANTOM 4 PRO」も新デザインとなった。「PHANTOM 4 PRO OBSIDIAN」はマットグレーのオブシディアンカラー(黒曜石色)のマグネシウム製ボディに、高度な製造技術を活用して防指紋効果を施したジンバルを搭載。1インチCMOSセンサーによる4K撮影が可能。

 価格はMavic Pro Platinumが14万4800円、Phantom 4 Pro Obsidianは 20万4000円。日本での発売時期は現在のところ未定。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン