このページの本文へ

SLIコネクター同士の間隔が異なる2製品

Aura機能で鮮やかに光る、2-wayタイプのNVIDIA SLI HBブリッジ2製品発売

2017年05月11日 13時02分更新

文● 山口/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ASUSは5月11日、NVIDIA SLI HBブリッジ「ROG-SLI-HB-BRIDGE-4SLOT」および「ROG-SLI-HB-BRIDGE-3SLOT」の発売を発表した。販売開始は5月12日から。

 ROG-SLI-HB-BRIDGE-4SLOTとROG-SLI-HB-BRIDGE-3SLOTは、どちらもNVIDIA SLI技術の2-way構成に対応している。

ROG-SLI-HB-BRIDGE-4SLOT。SLIコネクター同士の間隔はおよそ80mm

ROG-SLI-HB-BRIDGE-3SLOT。SLIコネクター同士の間隔はおよそ60mm

 なおSLIコネクター同士の間隔が異なっており、2スロット占有タイプのビデオカードを使用した場合、ROG-SLI-HB-BRIDGE-4SLOTが2スロット分、ROG-SLI-HB-BRIDGE-3SLOTは1スロット分のスペースが2枚のビデオカードの間に空くようになっている。

 また両製品ともに、SLIブリッジを鮮やかに光らせるイルミネーション機能「Aura」を搭載。Aura機能搭載マザーボードとLEDを同期できる「Aura Sync」にも対応している。

 そのほかに共通する仕様は、対応GPUがGeForce GTX 1000以降、サイズはおよそ幅99×奥行き58×高さ24mm、重量はおよそ94g。予想実売価格は6500円前後。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン