このページの本文へ

アキバで大人気! ワコムの技術を採用したドスパラのお絵描きタブ「raytrektab」

2017年04月28日 09時59分更新

文● 鈴鹿 廻

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ワコムのデジタイザー技術を搭載した、ドスパラブランドの8型タブレット「raytrektab DG-D08IWP」が発売。ドスパラ秋葉原本店などで一斉に販売がはじまったが、人気で早くも完売状態となっている。

ワコムのデジタイザー技術を搭載した、ドスパラのお絵描きタブレットが発売。イラストレーターにピッタリな端末で、注目度は高く早々に完売となった

 8型サイズながらワコムのデジタイザー技術「Wacom feel IT technologies」を搭載し、まさしく“持ち歩けるお絵描きタブレット”といったテイストのWindows 10タブレット。スケッチブック感覚で持ち歩き、いつでも手軽にイラストが描ける端末だ。

 製品には4096段階の筆圧感知に対応したスタイラスペンが付属。まるで紙に書くような、滑らかな描き心地を特徴とする。ペン先は標準ペンに加え、マーカーのようなフェルト芯、粘り気のあるエラストマー芯の替芯も同梱。好みに合わせて付け替えが可能だ。

ワコムの「Wacom feel IT technologies」を搭載、4096段階の筆圧感知ペンも付属する。店頭にはデモ機が用意され、描き心地を確認可能だ

 主なスペックは、ディスプレーが1280×800ドットの8型液晶、プロセッサーはIntel Atom x5-Z8350、メモリー4GB、ストレージ64GBなど。OSはWindows 10 Homeを搭載している。

 そのほか、両面に200万画素のカメラを実装。インターフェースはmicroUSB、microHDMI、microSDカードスロットなどを備える。ネットワークはBluetooth 4.0とIEEE 802.11acをサポートする。

ブラックを基調としたカラーで、インターフェースはmicroUSBやmicroHDMI、microSDカードスロットなど。バッテリー駆動時間は約4時間とされる

 なお、入荷量が少量だったこともあり、ドスパラ秋葉原本店では開店早々に完売。他のドスパラ店舗でも売り切れが相次いでいる。スタッフによれば、「店頭での再入荷時期は未定のため、ウェブ通販での注文が一番早くて確実」とのこと。販売価格は4万9800円だ。

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン