このページの本文へ

Google、オープンソースに関するすべてをまとめたサイトをオープン

2017年03月29日 17時25分更新

文● ラッキー橋本/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 米Googleは3月28日(現地時間)、同社のオープンソースに関する取り組みをまとめたWebサイト「opensource.google.com」を開設した。

 opensource.google.comは、Googleのオープンソースプロジェクトをすべて一ヵ所にまとめたサイトで、「Projects」「Community」「Docs」の3つのセクションから構成されている。

 Projectsセクションは、オープンソース・プロジェクトの全体像をインタラクティブなマップで把握でき、カテゴリーやキーワードで絞り込める。各プロジェクトのページは、説明やライセンス情報などが記載されている。

 Communityセクションは、「Google Summer of Code」や「Google Code-in」といった同社がホストしているプログラムを紹介しているほか、参加またはサポートする組織が一覧になっている。

 Docsセクションは、オープンソースの取り組みに関する70ページ近い内部ドキュメントをクリエイティブ・コモンズ・ライセンス(CC BY 4.0)で公開している。

 今後は、プロジェクトのライフサイクルや成熟度に関する多くの情報を追加する予定。

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ