このページの本文へ

新生活に!! 低価格でも後悔しない【無線LANルーター特集】 第2回

リーズナブルで高機能、設定もカンタンなのだ

世界中で大好評! 縦型無線LANルーター「Archer C9」は新生活にオススメ

2017年03月10日 11時00分更新

文● 林佑樹 編集○ハイサイ比嘉

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

15秒で設定終了!? 設定の分かりやすさも大きな魅力

 「Archer C9」は、設定の分かりやすさも魅力で、PCの場合はウェブブラウザー経由で設定できる。分かりやすい画面のため、1度でもルーターの設定をしたことがあれば迷うことはないだろう。

 PCのウェブブラウザー経由ログインした場合、まず「クイックセットアップ」が実行され、少ないステップ数で設定が終わる。初心者など不慣れな方でも約15秒で設定できることを目指しているだけあって、驚くほど分かりやすい。インターネットに接続するまでのハードルは非常に低い印象だ。

ログインするとまずクイックセットアップからスタートし、非常に短い時間で設定が終わる

 設定項目は、全体のステータスがわかる「基本」タブ、詳細な内容の「詳細設定」タブに分かれている。ゲストネットワークやNAT転送、QoS、セキュリティなどが充実しているため、接続機器数が少ないSOHOなどでもオススメしやすい。

基本設定は最小限のものだけとなっており、迷いにくい

詳細設定は項目が豊富だが、まずは必要なものからチェックすべし。USB設定からは共有関連の設定ができ、FTPの設定もある

PC用設定画面では、ペアレンタルコントロール機能にあたる「保護者による制限」から、ブラックリスト・ホワイトリストの設定も行なえる

専用アプリ「Tether」があれば、実はスマホ単体だけでも設定できるスグレモノ

 PCはないが、スマホは持っている。最近はそんな方も増えているようだが、「Archer C9」ならバッチリ安心。TP-Linkは、スマホから設定が行なえる専用アプリ「Tether」を用意しており、パッケージにあるQRコードから当該アプリのページへと進むことが可能だ。「Tether」では、ネットワークの設定だけでなく、メディア共有、ペアレンタルコントロールの管理もあり、子供のいる環境に対しての配慮もなされている。

TP-Link製「Tether」のメイン画面。接続中の機器が表示されている。また接続機器アイコンの右上にマークがあるものが設定にログイン中の端末になり、この間、他の端末からのログインは制限される

「Tether」からは最小限の設定が可能

ペアレンタルコントロールでは、接続時間を設定できる

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン