このページの本文へ

充電すればどこでも使える、サイコロ型のミニプロジェクターがカワイイ!

2017年02月23日 10時00分更新

文● 鈴鹿 廻

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 手のひらサイズの超小型ボディーがキュートな、サンコーのモバイルプロジェクター「指でつまめるミニDLPプロジェクター」が発売。サンコーレアモノショップ秋葉原総本店にて店頭販売中だ。

まさに指先でつまめるサイズ感がキュート! サンコーから超小型のモバイルプロジェクターが発売だ

 コンパクトなサイコロ型のボディーにバッテリーを内蔵し、スクリーンや壁面があればどこでも使えるモバイルプロジェクター。本体には動画ファイルを読み込めるmicroSDスロットを備え、完全ケーブルレスでお手軽に使うことができる。

 高コントラストかつ滑らか表示が特徴のDLP方式を採用。距離0.5mで約9型サイズ、3m離れた場所なら約51型サイズ相当の大画面を投影できる。表示解像度は640×360ドット、再生可能解像度は1080p、輝度30ルーメン、コントラスト比は700:1。アスペクト比は16:9と4:3を選択可能だ。

側面には、シンプルな操作ボタンを搭載。背面にはボリュームのダイヤルやイヤホンジャック、給電用microUSB、microSDスロットを備えている

 電源は内蔵バッテリーのほか、USB給電に対応。モバイルバッテリーから給電することも可能だが、その際は5V/2Aの出力が必要となる。なお、バッテリー駆動の際は連続投影時間が約40~60分で、バッテリーは約3時間でフル充電できる。

 サンコーレアモノショップ秋葉原総本店にて、1万5800円で販売中だ。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン