このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

末岡洋子の海外モバイルビジネス最新情勢第170回

2016年Q4はAppleが2年ぶりに首位に ただし、iPhone10周年の2017年もスマホは低成長!?

2017年02月23日 10時00分更新

文● 末岡洋子 編集● ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2016年第4四半期の世界のスマートフォン市場は、Appleが2年ぶりに首位の座に返り咲いた。Samsungは「Galaxy Note 7」問題が尾を引いてシェアを減らした。市場全体の成長率は5%。予想どおりの低成長となった。MWCも直前なのでベンダーの動向をあらためておさらいしよう。

スマホは低成長時代に
そのなかで2016年Q4はAppleが堂々の1位に

 Gartnerが2月15日に発表した2016年のスマートフォン市場調査によると(http://www.gartner.com/newsroom/id/3609817)、2016年のスマートフォン出荷台数は4億3200万台。2015年からは5%の増加にとどまった。そのGartnerは2016年も7%という成長率を予測していたので、それを下回ったことになる。2015年は14%増だったが、2桁成長を謳歌してきたスマートフォン市場もいよいよ低成長時代に入ったのかもしれない。

iPhoneが発売されたばかりのシーズンとは言え、2016年Q4はSamsungがシェアトップから転落。その要因はやはりこのGalaxy Note 7の問題だろう

 2016年第4四半期はベンダーシェアに異変があった。2014年第4四半期に最後にシェア1位を取って以来、2位に甘んじてきたAppleが1位の座をSamsungから奪回した。とはいえ、2社の差は25万6000台と非常に僅差だ。

 また、この要因は主にSamsungの不調だ。夏にバッテリーの不具合が報告されたGalaxy Note 7について、Samsungは最終的に販売停止することを10月に発表した。Counterpoint Researchが発表した2016年12月のデータでは(http://www.counterpointresearch.com/press_release/applepulsedec2016/)、400ドル以上のプレミアム価格帯におけるSamsungのシェアは8月から下降線をたどった。12月でのそれぞれのシェアは、Samsungが17.2%、Appleが70.1%となっている。

 Appleが先に発表した第4四半期の業績報告もこれらを裏付けており、iPhoneの販売台数は7829万台と過去最高を記録した。これは前年同期比の5%増、売上高もやはり5%増で543億7800万ドル。端末の平均販売価格(ASP)も、過去最高の695ドルという素晴らしいパフォーマンスを出している。

 AppleはMWCで何かをすることはまずない。だが今年はiPhone 10周年。そのiPhoneとAndroidにやられたNokiaブランドの復活が今年のMWCの一つの話題だが、どうなることやら。

ファーウェイは「HUAWEI Mate 9」で棚ぼたゲット!?

 Samsungは2月に発表した「Galaxy S7」が好調で、2016年前半は”王者健在”ぶりを印象づけた。だが、Note 7の穴はGalaxy S7では埋められず、というのがCounterpointの分析だ。つまりSamsungは携帯電話が最も売れる年末商戦に、フラッグシップがない状態で戦った格好となる。

 Counterpointの12月度のシェア(プレミアムを含むスマートフォン全体)でもAppleはSamsungを逆転、それぞれ18.9%、15.4%となっている。Samsungは近いうちに「Galaxy S8」を発表すると予想されており、汚名返上に向けて(マーケティングを含め)あらゆる手を尽くすことだろう。

 だが、Note 7のダメージによる影響を最も享受できたのは、3位のHuaweiかもしれない。HuaweiはNote 7が販売停止となった直後に、5.9型ディスプレーを搭載した「HUAWEI Mate 9」を発表、Samsungの代替となりうることをアピールした。

 Gartnerのデータでは、Huaweiは今期も安定した3位、出荷台数は4080万3700台、前年同期の3211万6500台からは約1.2倍となる。シェアも、前年同期の8%から9.5%に増やしている。2位Samsungとの差という点では、出荷台数の差は3600万台、前年同期の5000万台から大きく縮小している。

 なお、Huaweiの端末部門トップのRichard Yu氏は2016年6月に、今後5年でシェアを25%にし、AppleとSamsungを超えるという目標を明らかにしている。Gartnerによる2016年第4四半期のHuaweiのシェアは9.5%、Counterpointの12月のシェアは10.8%――つまり、まだまだ大胆な目標なのだが、今グローバルで最も勢いのあるベンダーなのも間違いない。市場動向によって実現の可能性は十分にある。Gartnerでは、Amazonが「Amazon Echo」で利用する音声アシスタントの「Alexa」を利用できるMate 9が第1四半期に米国で提供される点にも触れている。

ファーウェイは2017年初頭のCESでも自社の躍進をアピールしていた

 そのHuaweiだが、MWCではHUAWEI P10を発表すると予想されている。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン