このページの本文へ

Core i7-6820HK、GeForce GTX 1070搭載

レノボ、VRも遊べるフラッグシップゲーミングノートPC発表

2017年02月21日 13時00分更新

文● 西牧/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 レノボ・ジャパンは2月21日、ゲーミングPC3モデルを発表した。発売はすべて2月24日予定で、17.3型ノート「ideapad Y910」の直販価格は31万8600円。キューブ型デスクトップ「ideacentre Y720 Cube」の直販価格は12万5820円。デスクトップの「ideacentre Y700」の直販価格は11万1780円。

VRコンテンツも遊べるノートタイプ

ideapad Y910

 ideapad Y910はノート型のフラッグシップモデルで、CPUにCore i7-6820HKを採用する。グラフィックスはGeForce GTX 1070搭載で、HTC VIVEなどのVRコンテンツも楽しめるという。また有線LANにはKiller E2400を、無線LANにはKiller Wireless-AC 1535、すべてのキーがプログラマブルなメカニカルキーボードを採用するなど、ゲーミングに向いた仕様となっている。

 そのほかスペックはCM236チップセット、メモリー16GB、512GB SSD(M.2 NVMe)、液晶はIPS方式(1920×1080ドット)、Windows 10 Home(64bit)。インターフェースはUSB 3.1(Type-C)、USB 3.0×4、HDMI、Display Port、ヘッドフォン/マイクジャック、メモリーカードスロット。サイズはおよそ幅425.4×奥行315.2×高さ36.2mmで重さはおよそ4.6kg。

コンパクトながらスペックにもこだわったキューブ型

ideacentre Y720 Cube

 ideacentre Y720 Cubeは「ユニークな形」をうたうデスクトップ。コンパクトながら最上位モデルはCore i7-7700、GeForce GTX 1080を搭載できる。また天面にハンドルがあり、持ち運びが可能。PCを持ち込んで友人宅で楽しむLANパーティーにも最適だという。

 そのほか最上位モデルのスペックはH170チップセット、メモリー16GB(最大32GB)、2TB HDD、512GB SSD、Windows 10 Home(64bit)。サイズはおよそ幅252.2×奥行393.3×高さ314.5mmで、重さはおよそ9.1kg。

拡張性に優れたデスクトップに追加モデル

 ideacentre Y700は豊富な拡張性を誇る分離型デスクトップの追加モデル。最上位モデルの構成はCore i7-7700、H170チップセット、メモリー16GB(最大64GB)、2TB HDD、512GB SSD、GeForece GTX 1070、Windows 10 Home(64bit)。拡張ストレージベイは5.25型ベイ×2、3.5型べイ×4を搭載している。

カテゴリートップへ