このページの本文へ

Razer「Razer Blackwidow Chroma V2」

Razerオリジナル、緑軸採用のキーボードに新モデルが追加

2017年02月18日 23時07分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 独自メカニカルスイッチとマルチカラーイルミネーションを搭載したRazer製ゲーミングキーボード「Razer Blackwidow Chroma V2」が発売された。日本語配列と英語配列の2モデルが用意されている。

Razer製ゲーミングキーボード「Razer Blackwidow Chroma V2」。日本語/英語配列ともに価格は2万2356円だ

 従来モデルからの変更点は、専用ソフト「Razer Synapse」による個別カスタマイズが可能なRazer Chromaバックライト機能。1680万色のカラーオプションを備える点はそのままに、新しい発光パターンが追加された。さらに「単体販売希望」の声が高い、弾力性に優れた専用エルゴノミックリストレストが付属。長時間の激しいゲーミングでも快適なプレイをサポートする。

軍用レベルの強靭さをもつ高精度な形成過程を経て生産されているというメタル製ベースを備え、安定した打ち込みが可能になった「Razer Mechanical Switch」を採用する

 そのほか基本スペックは変わらず。キースイッチには、キー荷重50g、キーストローク8000万回以上のRazerオリジナル「Razer Mechanical Switch」を採用。10キーロールオーバーアンチゴーストやポーリングレート1000Hzに対応する。なお、サイズは471(W)×252(D)×40(H)mm、重量約1512g。

オマケに「Razer Mechanical Switch」キーホルダーが付属。押すとしっかり発光するギミック付き

 価格は2万2356円。パソコンショップアークやパソコン工房秋葉原BUYMORE店、ツクモパソコン本店、ツクモDOS/Vパソコン館、TSUKUMO eX.で販売中だ。

 なお、パッケージに記載されている「Orenge」「Yellow」軸の国内販売は今のところないとのこと。ショップ店員の中には、リニアで静音高速入力向けの「Yellow」の販売を期待する声も少なくなかった。

 TSUKUMO eX.で開催された発売記念イベントの様子はこちらで別途記事にしている

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中