このページの本文へ

キタムラ3Qは減収減益、営業利益72%減・8億円の純損失

文●通販通信

2017年02月14日 09時02分更新

記事提供:通販通信

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

 (株)キタムラが14日発表した2017年3月期第3四半期(4~12月)連結決算は、売上高が前年同期比9.3%減の1081億2800万円、営業利益が同72.4%減の7億1600万円、8億500万円の純損失となった。

 熊本地震の影響でデジタルカメラなどが減産となった影響や、スマートフォン販売などの低調などで減収減益となった。事業構造改革に伴う減損損失と店舗閉鎖損失の計上で、純利益は赤字に転じた。

 店舗販売の売上高は同10.1%減の956億9800万円、セグメント利益は同78.9%減の5億2800万円となった。

 また、期末の連結業績予測を下方修正し、売上高が従来予測比15.8減の1405億円、16億円の営業損失、24億円の純損失と予測した。

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く