このページの本文へ

34mmボール採用機としては世界最小、Bluetoothと専用レシーバーの2モデルをラインナップ

ナカバヤシ、ワイヤレス接続のトラックボールを発売

2017年02月08日 17時46分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「Digio2 小型無線静音5ボタントラックボール」

 ナカバヤシは2月8日、ワイヤレス接続のトラックボール「Digio2 小型無線静音5ボタントラックボール」2製品を発表した。2月中旬に発売する。

 34mmボールを使用し、スクロールホイールも装備する5ボタン仕様。Bluetooth接続モデルおよび2.4GHzモデル(USB接続のレシーバーが付属)の2製品が用意される。

全体的にコンパクトなサイズに収まっている

 ボール読み取りはレーザー式、分解能は450~1200dpi。電源は単4電池×2本。本体サイズはおよそ幅88×奥行き95×高さ47mm、重量約105~106g。価格はBluetooth接続モデルが1万円、専用レシーバーモデルが9234円。

Bluetoothモデルは各7色(ブラック/ブルー/ゴールド/ピンク/レッド/シルバー/ホワイト)

※お詫びと訂正:記事内の表現にで誤りがありました。正しい情報に訂正してお詫びします。(2017年2月10日)

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン