このページの本文へ

人工知能技術を用いてキーワードを抽出

マーカーペンとスマホで新聞記事をスクラップ、AI活用でさらに高精度に

2016年04月13日 18時30分更新

文● 行正和義 編集/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
CUTPEN

 ナカバヤシは4月13日、クラウドファンディングサイトMakuakeにてAI活用の新聞スクラップペン「CUTPEN」の開発支援プロジェクトを開始した。

 CUTPENはナカバヤシがすでに製品化している製品で、新聞などの記事をスクラップする際、専用ペンで囲んでスマホで撮影すれば必要な部分だけが取り込める。新たにAI技術を導入することで大幅に機能向上、取り込んだ画像補正、OCR、重要なキーワードの抽出やウェブブラウザーとの連携などの搭載を目指しており、今回のクラウドファンディングはその開発を支援するもの。

複雑な段組の新聞でも切り抜いてOCR出現頻度などからキーワードを抽出

 支援は650円~6000円の4種類のコースが用意されており、支援者は専用ペンやアプリ利用権を入手することができる。目標金額は50万円で資金募集期間は5月27日まで。新バージョンの提供開始は7月頃を予定している。iOS端末で動作する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン