このページの本文へ

360度動画編集機能を新たに追加したPinnacle Studioも新バージョン発売

コーレル、Roxio CreatorやWinDVDなどを発売

2017年01月20日 15時36分更新

文● 行正和義 編集●ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Roxio Creator 5/Corel WinDVD 12/Pinnacle Studio 20/ParticleShop

 コーレルは1月20日、Roxio CreatorやWinDVDなど4タイトルのソフトウェアを発売した。

マルチカメラ編集に対応したRoxio Creator 5

 「Roxio Creator NXT 5シリーズ」はCD/DVD/ブルーレイのライティング/リッピングソフトウェア。新バージョンとなり、マルチカメラ編集やさまざまなデバイスに対応したビデオ変換機能を装備。通常版の「NXT 5」(6480円)と、編集機能やマルチカメラ対応が強化された「NXT Pro 5」(1万800円)がある。

UIが新たになったCorel WinDVD 12

 「Corel WinDVD 12」シリーズはブルーレイ/DVD再生ソフト。4K対応や最大240fps対応、UIの改良などが行なわれている。すでにダウンロード販売されており、パッケージ版は「Corel WinDVD 12 Pro」が8424円、ネット動画ダウンローダーが付属する「WinDVD Ultimate 12」が1万584 円。

Pinnacle Studio 20 Ultimate/ParticleShop

 このほか、360度動画編集やモザイク加工付きモーショントラッキングなどの新機能を装備したビデオ編集ソフト「Pinnacle Studio 20 Ultimate」(1万8144円)、Adobe Photoshop用粒子プラグイン「ParticleShop」(6150円)も発売された。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン