このページの本文へ

担当者に新ライン「N_W」から「SOLIDEGE(ソリデージ)」の狙いをきく

ファッションを「入り口」に、JVCヘッドフォン新ラインに込めた想い

2017年01月19日 18時30分更新

文● 貝塚/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
N_W スペシャルサイトより

広告もひと味違う

−−広告も、一般的なヘッドフォンの感じとはすこし違いますよね。

早川「そうなんです。モデルさんを前面に出して、一見するとヘッドフォンの広告ということがわからないくらい(笑)。社内ではやはりいろいろな意見があったのですが、今回はこれでいこうということで。目にしたときにオシャレなイメージや、洗練されたイメージが伝わるような広告にしています」

−−この感じだと、「かっこいい! 何の広告だろう?」となる気がしますね。一見、ファッション誌の表紙っぽいです。写真の質感とか。

魚谷「企画を練る段階で、主なターゲットになりそうな年齢で、ファッション的な感度が高い人たちの愛用するブランドですとか、セレクトショップ、生活スタイルなども調査していて。そういったファッションにうまく馴染んだり、プラスでかっこよさを出せるようなものを目指しました」

こちらは公式のイメージカット
公式のイメージカット。ライフスタイルの中のヘッドフォンというコンセプトを強調する

音はしっかりJVCサウンド

−−正直なところ、デザインに重点を置いているのかな? と思ったんですが、聴いてみると、音作りもしっかりしていますよね。

魚谷「ありがとうございます。やはりそこには、はじめから自信があって。とにかく聴いてもらうきっかけ作りとして、こういうアプローチになったといいますか」

−−フラットな音質ではないですけど、ちゃんとソースの音が活かされるような音になっていて。デザイン重視のヘッドフォンだと、音もキャッチーにするためにドンシャリ型になっているケースもけっこうありますよね。

ハード的な特徴はチタン振動板を搭載していること。硬質ですっきりした音だが、細かな表現に秀でる

魚谷「そうなんです。JVCは基本的には原音を活かす音作りを大事にしていて。でも、フラットにしちゃうと味気なく聞こえる場合もあるので、ハイレゾ音源などのソースが、鮮明ないい音質で聴けるチューニングにしています。ハイレゾ対応としていますが、ハイレゾでない音源を聴いた際にも、低価格帯のヘッドフォンとは違って感じられるはずです」

早川「これまで音に対する姿勢は硬派にやってきたブランドなので、今回の製品にもJVCのDNAは生きていると言えますね」

多くの意見入れなかった

−−思い切ったコンセプトを採用するにあたって、何か障害となったことはありませんでしたか?

早川「あまり詳しくはお話できませんが、今回はなるべく、多くの意見を入れないようにして進めたと言いますか……。

 発案から製品化するまでには、『もっとこうした方がいい』『こうしないとダメだ』と意見されることも多いのですが、今回は、『いや、これでいいんです』と一貫して魚谷がデザインコンセプトを崩さなかったんです。いろいろな意見を取り入れた結果、最初に思い描いたものから段々変わってきてしまうことって、ありますからね」

−−わかります。

ケーブルは絡みにくいように溝が入っている

早川「なので、最初に想定したものを素直に作れたと思いますよ」

−−この製品の撮影で知り合いのカメラマンさんに、「これかっこいいですよね!」と見せてみたんですけど、「かっこいいんだけど、俺ならケーブルは布巻きにする」と言っていました。そういうことですか?

早川・魚谷「(笑)」

魚谷「たとえばケーブルが布巻きだと、今回のアーバンな印象からは外れてしまいますよね。そういったいろいろな意見を受けても『今回はこれでいきます!』と進めたイメージです」

早川「なにを言われても、魚谷が『このモデルはこれでいいんです』とぶれなかったので、いい製品につながったなと思いますね」

魚谷「パッケージデザインもコンセプトに合わせて検討しました。裏面の記載内容もこれまでと大きく変えています」

−−というのは?

パッケージ背面も、従来より専門的「でない」ワードでの説明が目立つ。キャッチーなアイコンを採用し、オーディオの知識がなくても音の傾向がつかめる工夫を入れた

早川「従来、弊社では『技術』にフォーカスしたパッケージ背面が多かったんですね。何ミリのドライバーを使っていて、どういう技術が採用されていて……。でも、これだとターゲットの皆さんに伝わらない! と思ったんですよ」

魚谷「ヘッドフォンに詳しい方だと、ご自身でいろいろ調べられるので、大体、説明を読めば、どういう音か想像がつくと思うんです。あとは、レビューを見たりですとか」

早川「今回は、パッと見で『どんな音楽に向く』『ハイレゾに対応!』というのが伝わるように、アイコンを採用しています」

−−ああ、ここ気になりました。そうか、ロックは「ギター」で、アニメは「目」のアイコンなんだなって。

早川・魚谷「(笑)」

早川「『アニメはどうする? 本当に目でいいのかな?』というやりとりはありましたね(笑)」

−−技術的な苦労はありませんでしたか?

魚谷「ヘッドバンドとハウジングをつなぐところにケーブルが出ていないデザインにしたかったので、あえて両出しのケーブルにしたりですとか。アルミや樹脂など、素材ごとの質感の違いをうまく出したくて、さまざまな色の試作品を作ってみたりですとか……」

ブルーは鮮やかだが落ち着いて色味ちょっと変わったグレー

−−特にブルーは珍しいですよね。

魚谷「ブルーはもうすこし紫がかった色味など、いろいろとサンプルを作って試しましたね。グレーはJVCとしては新しいカラーです。どちらもユーザーのトレンドを調査して採用しました。グレーは社内でも人気のあるカラーです」

−−確かにグレーは珍しいかも。

早川「どのカラーがお好きですか?」

−−うーん。やっぱりブラックかな。

早川「ブラックも、素材ごとに色味や質感を整えて、トータルで見たときにまとまりのあるカラーリングにしているので、ちょっと面白いですよね」

−−あとは、グリーンとかカーキ系のモデルがあってもよさそう。ほかのカラーは候補としてありましたか?

魚谷「……レッドがありましたね。レッドも色味としてはよかったのですが、SOLIDAGEというラインのイメージ上、今回は寒色系でまとめよう、ということになったので、最終的には見送られたカラーです」

−−寒色系にまとめようとした意図は?

早川「N_Wシリーズの中でも、『WOOD FW7(HA-FW7)』は、どちらかというと、ゆったりした時間に楽しんでもらうことをイメージしているんです。オフタイムに、外出先でくつろぎながら音楽を鑑賞するイメージですね。SOILIDEGEの場合、どちらかというと通勤時間など、ラフに、スタイリッシュに音楽を楽しむシーンを想定しているというか。通勤中にカバンからサッと出して、聴いて、やる気を高めたりですとか。

 それもあって、寒色系の方がイメージに合うと考えました。音作りも、WOOD FW7は温かみのある音ですが、SOLIDEGEは、比較的パキっとした硬質な音になっています。これは同じラインのイヤフォン「SOLIDEGE FD7(HA-FD7)」も同様で、ライン全体での統一感を考えています。基本的にやはりJVCは原音を大事にした音作りなのですが、その中でも、ボーカルが鮮明に聞こえたりですとか、ドラムのビートが伝わりやすい音作りにしていますね」

同じラインのSOLIDEGE FD7(HA-FD7)。サウンドだけでなく、スピン加工や金属の質感を活かしたデザインにすることで、ライン全体を通しての統一感を出している

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン