このページの本文へ

プロドローン、ゼンリンと業務提携

auが4G LTE回線で遠隔操作するスマートドローンの商用化目指す

2016年12月19日 16時50分更新

文● 南田ゴウ/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 KDDIとプロドローン、ゼンリンは12月19日、モバイル通信ネットワークを活用したドローン専用基盤「スマートドローンプラットフォーム」の商用化に向けて業務提携することで合意した。これにともない、KDDIはプロドローンの第三者割当増資により発行する株式を3億円で取得した。

 発表会にはKDDI執行役員常務 商品・CS統括本部長の山本 泰英氏が登壇。「すでにドローンに通信モジュールの搭載は完了しており、できれば2017年度にビジネスをスタートしたい」とコメント。

KDDI執行役員常務 商品・CS統括本部長の山本 泰英氏がスマートドローンプラットフォームに関して各社の役割を解説

 続いて登壇したプロドローン代表取締役社長の河野 雅一氏は、商業ドローン市場の拡大に関して解説。ゼンリン上席執行役員第二事業本部長の藤沢 秀幸氏は、多くの都市部でドローンが飛行できない現状を示しつつ「我々がドローンと安心して暮らせる時代がくるよう、安全安心な飛行ルートを構築していく」と高精度3Dマップの役割を語った。

プロドローン代表取締役社長の河野 雅一氏は商業ドローン市場の伸張に関して解説

ゼンリン上席執行役員第二事業本部長の藤沢 秀幸氏がドローン飛行用高精度3D地図に関して解説

 「スマートドローンプラットフォーム」は4G LTEネットワークに接続するドローン機体と3次元地図、運行管理、クラウドで構成され、モバイル通信ネットワークの接続したドローンの自律飛行や衝突回避などの飛行ルート管理に加えてドローンが取得したビッグデータの蓄積・分析を行なうもの。4G LTE回線にドローンが接続することで、ドローン操縦者は遠隔地からドローンの操作が行なえる。

 発表会では渋谷・ヒカリエから、4G LTE回線を通じて愛知県豊田市のヘリポートにあるロボットアーム付き直接作業型ドローンのフルコントロール、ロボットアームの操作、移動中の映像のリアルタイム転送を行なうデモを実施した。

渋谷から愛知県豊田市のヘリポートにあるドローンを4G LTE回線を通じて遠隔操作するデモ

プロドローン社のドローンが会場に展示されていた


■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン