このページの本文へ

メンブレンのラバーの柔らかさとメカニカルのクリック感を両立

メカとメンブレンを融合した新開発ゲーミングキーボード「Razer Ornata/Ornata Chroma」

2016年12月14日 19時21分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Razer Ornata

 MSYは12月14日、米Razer製のゲーミングキーボード「Razer Ornata」および「Razer Ornata Chroma」の取り扱いを発表した。12月23日に発売する。

 Ornataシリーズは、メンブレンのラバードームスイッチの特製とメカニカルスイッチの利点を融合することを目的に新開発された「メカ・メンブレン」スイッチを採用。ソフトで衝撃を和らげるとともに、入力時のクリック感が得られる。

Razer Ornata(上)およびRazer Ornata Chroma(下)。発光機能以外の機能はほぼ共通 

 操作性を追求したミディアムハイト・キートップ、素早いゲーミングに対応できる10キー同時押し対応のアンチゴースト機能、フルプログラム可能なキーとクイックマクロ記録機能、エルゴノミック・リストレストなどを装備。

 Ornata ChromaにはRazer Chromaバックライトが装備され、カスタマイズして各キースイッチを異なるカラーで発光させることができる。サイズは両機種ともおよそ幅463×奥行き154×高さ31mm、重量は約850g。価格は、Razer Ornataが1万584円、Razer Ornata Chromaが1万4904円。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ