このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

え、まだ11acじゃないの? 無線LANルーター特集 第5回

4×4対応のバッファロー無線LANルーターの決定版!

6年前の製品より5倍以上高速!買い替えに最適なコンパクト11ac 4×4ルーター

2016年12月16日 19時45分更新

文● 平澤寿康 編集●ジサトラ ハッチ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「WSR-2533DHP」はバッファローの無線LANルーターの最新モデル。アンテナを4本搭載し、802.11ac 4×4通信対応で、最高1733Mbpsの超高速通信を可能とするプレミアムモデルだが、アンテナを本体に内蔵するとともに、コンパクトなボディーを実現することで設置性を高め、扱いやすい製品となっている。また、無線LANルーターには珍しくシャンパンゴールドと高級感あるカラーのため、よくある黒はちょっと……といった人にもぴったしな製品だ

 最近の無線LANルーターは、一部まだIEEE802.11n対応の製品があるものの、ほぼ最新のIEEE802.11ac(以下11ac)対応となっている。11acは2013年3月に電波法関連規則の改正からDraft対応製品が発売され、今日に至る。そのため、ここ2~3年以降に発売されたスマホやPCは11ac対応となっている可能性が高い。また、現在家族のほぼ全員がスマホを使い、一家に一台はPCがあるほか、薄型化したPlayStation 4(CUH-2000シリーズ)などの最新ゲーム機も11ac対応となっており、家中見回してみると意外に11ac対応製品が増えているのではないだろうか。11ac非対応の無線LANルーターを使っている場合などは、今こそ買い替えを検討してもいい時期だ。

11ac 4×4の超高速通信対応ながらボディーはコンパクト

 バッファローは無線LANルーターのフラッグシップモデルに位置づけられる、11ac 4×4通信に対応し、最高1733Mbpsの超高速通信が可能な「WXR-2533DHP2」を発売している。そちらは、超高速な通信速度だけでなく、大型の可動式外部アンテナを4本備えることで、感度に優れるとともに、アンテナの向きを調節することで電波の届く範囲をコントロールできる点が大きな特徴となっている。ただ、大型の外部アンテナを備えるために、本体サイズもやや大きく、設置場所の確保に苦労する場合があるのも事実だ。

 そこで、フラッグシップモデルのWXR-2533DHP2同様に11ac 4×4通信に対応し、36.5(W)×160(D)×160(H)ミリと、WXR-2533DHP2の半分ほどのコンパクトボディーとなっている「WSR-2533DHP」をピックアップしていきたい。本機は縦置きで設定する場合36.5×160ミリ(スタンド利用時には50ミリほどの幅が必要)の省スペースに設置できるため、置き場所に困ることがない。

WXR-2533DHP2と並べて置いてみると、そのサイズ差は一目瞭然

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン