このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

え、まだ11acじゃないの? 無線LANルーター特集第3回

購入検討中なら必見! 実践編:11ac無線LANルーターを設置する

2016年12月16日 19時46分更新

文● 宮里圭介 編集●八尋

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 11ac無線LANルーターを購入したら、次は設置だ。新しい無線LANルーターの設置方法は、「1.既存のルーターと完全に置き換える方法」、「2.ルーターとしてではなく無線LANのアクセスポイントとして使う方法」、「3.既存のルーターの下に二重に設置する方法」の大きく3つある。それぞれメリット、デメリットがあるので簡単に表にまとめてみた。

設置方法によるメリットとデメリット
方法 メリット デメリット
1既存のルーターと置き換え ・機器が増えずスマート・レンタルの場合、返却することで月額料金が安くなる場合も ・設定が難しい場合がある・ひかり電話など、元のルーターにあった内蔵機能が使えなくなる
2.アクセスポイントとして使う ・設定が簡単・元のルーターの有線LANも同じネットワークとして利用できる ・新しいルーターの機能をフルに使えない
3.ルーターを二重に設置 ・設定が簡単 ・元のルーターの有線LANとは別ネットワークになる・外部からNASへアクセスするといった特殊機能が使えない場合がある

 オススメは上から順番。「3.既存のルーターの下に二重に設置する方法」は、1段目のルーターの設定画面が開けなくなる可能性や、UPnPでポートを開け、外部から接続を可能とするサーバーソフトなどがうまく動作しない可能性が高くなるため、わざとネットワークを分けたいとき以外は使わない方が無難だ。

 理想をいえば「1.既存のルーターと完全に置き換える方法」がいいのだが、ウチではIP電話(ひかり電話)を使っている都合上、既存のレンタルルーターは外せない。レンタルルーターの機能を一部止めてIP電話専用のTAとして使う、という手段もなくはないのだが、今回はよりお手軽な「2.ルーターとしてではなく無線LANのアクセスポイントとして使う方法」で設置してみた。プロバイダーの接続設定などをしなくていいぶん、設置が簡単だというメリットがある。

 ということで、方針が決まったところで実践だ。今回は、バッファロー「WSR-2533DHP」と「iPad mini 4」を使ったセットアップと、TP-Link「Archer C7」とPCを使ったセットアップの2つの組み合わせを試してみた。

バッファローの無線LANをもっと詳しく知りたい人はコチラもチェック!
TP-Linkの無線LANをもっと詳しく知りたい人はコチラもチェック!

前へ 1 2 3 4 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン