このページの本文へ

GIGABYTE、Kaby Lake搭載ベアボーンPC「BRIX」を発売

2016年12月13日 18時00分更新

文● ドリル北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 GIGABYTEは13日、Kaby Lakeことインテル 第7世代Coreプロセッサーを搭載するベアボーンPC「BRIX」を発売すると発表した。

Kaby Lake搭載のベアボーンPC「BRIX」

 「Core i7-7500U」(2.7GHz/最大3.7GHz)を搭載する「GB-BKi7HA-7500」と、「Core i3-7100U」(2.4GHz)を搭載する「GB-BKi3HA-7100」の2種類をラインナップする。

 主なスペックは、M.2(2280)スロット×1、SO-DIMM DDR4(2133 MHz)スロット×2、2.5インチベイ×1。そのほか、インテルGigabit LAN+インテルIEEE 802.11 ac Wi-Fi+Bluetooth 4.2を搭載する。

フロントにはUSB 3.1 Type CとUSB 3.1 Type A 、ヘッドフォン/マイク端子を搭載する。Mini DisplayPortとディスプレーをディジーチェーンで接続することで3画面表示も可能だ

 希望小売価格(税抜)は「GB-BKi7HA-7500」が6万9000円、「GB-BKi3HA-7100」が4万2000円。出荷開始日は「GB-BKi7HA-7500」が12月10日(土)、「GB-BKi3HA-7100」は12月17日(土)となる。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン