このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

ドバイの展示会で見かけた知られざるスマホ、ベゼルレスからカラフル端末まで

2016年12月04日 12時00分更新

文● 山根康宏 編集●ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

金ピカなスマホがウケるわけじゃない
トルコのスマホがポップな色使い

 さてここまで紹介したスマートフォン、我々が思うような中東っぽいデザインのものや、怪しさに溢れる製品が見当たりません。Zuriのスタッフにも聞いてみたのですが「中東だからと言って単純に金色にしても売れない」そう。むしろ本物の金を見慣れた客には、まがい物は通用しないとのことです。

 というわけで、ピッカピカの金色スマートフォンなんて製品は見当たりませんでした。それよりも独自性を出そうと試行錯誤しているメーカーが目立っていたようです。そこで紹介したいのが中国系のSunelanというメーカー。

ODMメーカーのSunelan。相手先ブランドでスマートフォンを製造

 たとえば、こちらの「S6」は5型HD(1280×720ピクセル)ディスプレー、クアッドコアCPU、メモリー1GB、ストレージ8GB、800万画素カメラという、エントリークラスの製品です。しかし、データ保護のアプリを標準搭載しており、セキュリティーを高めた端末として政府関係機関で利用されているとのこと。実際に中国の貴州省政府で利用されています。

背面に「貴州省政務局」のロゴの入ったS6

通話内容を傍受されない特殊な電話アプリなどをプリインストール

 セキュリティー関連の詳細は聞き出せなかったものの、今後ほかの国への展開も図りたいとのこと。このほかには低価格スマートフォンをいくつか展示。HTC製品に似た外見の「F11」は6型大画面ながらも100ドルを切る低価格品。

 ディスプレー解像度は960×540ピクセル、カメラはリアもフロントも200万画素。チップセットはMediaTek MT6580(クアッドコア、1.3GHz)で、メモリー1GB、ストレージ8GBと価格なりのスペックです。とにかく画面サイズが大きければいいという、見栄っ張りな人向け端末って感じでしょうか。

どことなくHTCらしさを感じさせるF11。6型ディスプレーを搭載

 さらにはどことなくどこかのメーカーっぽいデザインの製品も。こちら参考出展でスペックは一切無し。背面を見るとうっすらと「G5」のロゴが、しかも元のメーカーとほぼ同じ書体。このような製品を作る技術もあるというアピールのための展示なのかも。

本体下部が外れそうなデザイン

うっすらと「G5」の文字が見える

 最後は色使いがカラフルなVESTEL「Venus V3」をご紹介。VESTELはTVなどを手がけるトルコの大手家電メーカーで、ヨーロッパなどではよく知られた存在です。スマートフォンも数モデルを出しています。このVenus V3は100ドル前後の低価格モデルで、Snapdragon 210、メモリー1GB、ストレージ8GB、5型HD(1280×720ピクセル)ディスプレー、リア800万画素、フロント500万画素カメラを搭載。

斬新なカラーを組み合わせたVenus V3

 ちょっと見かけない色の組み合わせは、アジアとヨーロッパの間に位置するトルコらしい部分かもしれません。GITEXの来場客もこのVenus V3を気に入っている様子でした。もしかしたらこんな色の組み合わせが中東では好まれるのかも。中東へ行けば、日本でもアジアでも見かけることの無いようなスマートフォンが、まだまだ多数あるのかもしれません。


■関連サイト

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン