このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

テモナの「ヒキアゲール」でアスキーストアを救え!第3回

ヒキアゲール装備でスタッフの知恵と勇気が大幅アップ

アスキーストア改善計画、急転直下からの覚醒劇が待っていた!

2016年11月30日 11時00分更新

文● MOVIEW 清水 編集●ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
前回やる気満々だった2人に何が起きた!?

連載目次

アスキーストア改善計画もいよいよ運用編に突入……しないの!?

 売上減少を救う救世主「ヒキアゲール」の導入により、これまで右肩下がりだった「アスキーストア」の売上も反転急上昇! 2倍・5倍・10倍……いや、20倍だぁ~~!

 あとはデータを見ながら、もっと効果の上がる施策を考えて実行すればよし。今年のボーナスは何に使おう! などという夢うつつの時間を過ごすアスキーストア担当の2人……のはずだったが!? 現実はそう甘くない。まさかまさかの落とし穴がここに待ち受けていようとは。

 「アスキーストア改善計画」運用開始を前に急展開の覚醒編!

前回もいろいろありました……

データタグの準備を終え、いよいよ「ヒキアゲール」導入

アスキーストアスタッフの佐藤。日々の運営に追われ、アクセス解析まで手が回らないと悩む日々
同じくスタッフの鈴木。ゆるふわ系男子だが、妙に肝っ玉が座っている

佐藤 さっきテモナの中野さんから連絡入ってたけど見た?

鈴木 データ収集用のタグの設定が終わった、ってやつでしょ、見た見た。

佐藤 次は前回の売上対策会議で話したシナリオ通りに「ヒキアゲール」を導入していけばいいんだけど、これから取材なんだよね。

鈴木 あぁ、わかった。いまやってる作業終わったら俺のほうでやっとくわ。

佐藤 よろしく! 取材から帰ってきたら確認するよ。

(そして時は流れ……)

佐藤 ただいま!ってあれ? 鈴木がいない。なんだこのメモ「探さないでください」って一体……。「ヒキアゲール」のシナリオ導入は終わったのだろうか? とりあえずチェックしてみるか。な、何も変わってない! 鈴木のやつ、やらないで逃げたな! 仕方がない、自分でやるかぁ。

(さらに時は過ぎる。こうしたときの時間の流れは速い……)

佐藤「もうおしまいだあー!」
鈴木「なるほど、これが『万策尽きた』って奴か」

鈴木 こそこそこそ……ただいま……。

佐藤 す、鈴木ッ! こ、これって――。

鈴木 そうなんだよ。

佐藤 どうしようか。

上司 おっ2人ともいるな。どうだ「ヒキアゲール」の導入は? 順調という感じではなさそうだな。

佐藤 それがですね、ぼくらでは、む、無理でした(泣)

上司 こないだできなかったデータタグ設定はテモナさんに対応してもらったんだろ? あとは商品別ページで「ヒキアゲール」対応すればもうがっぽがっぽですよ! って言ってたじゃないか。

鈴木 そう思ってたのですが、ページが思った以上にいじれないんですぅ~(泣)

佐藤 アスキーストアで使ってる“ECサイト構築用プラットフォーム”、商品ページは自由にいじれると思っていたのですが、じつは設定できる箇所が極端に少なくて、やりたいことができないんです。

上司 そんなにたいへんなシステムなのか? おいおい、もう設定段階で経費かかっちゃってるんだから、いまさら使えませんでした、やめますってわけにはいかないぞ?

佐藤 わかってます。テモナさんに相談してみます……。

さぁ~て、今月の落とし穴は?

テモナ中野「要チェック!」

1. 最低限ギリギリのスタッフで回していた
 ECサイトを運営していると、何かとやらなければいけないことが多い。そのため、新しい取り組みが後回しになったり、途中で止まってしまったりする。現状のサイトに新しい取り組みを導入する場合、業務分担を変更し、最低0.5人/日、その取り組みに専念するスタッフを作りたい。そのためにも、スタッフには余力を持たせることが重要だ。

2. 工数を把握しきれていなかった
 新しい取り組みに勢いは大事。しかし、導入に際して必要な要件・情報をきちんと把握する必要がある。導入に必要な工数と導入後の効果予測を検討する際、不明な情報があればあらかじめつぶそう。でないと「こんなはずではなかった……!」ということになりかねない。

 往々にしてありがちなのは思い込み。できれば隅々まで検証した上で進めたい。

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事
最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ