このページの本文へ

IKBC「F108 RGB」

きれいに光るCherry MX RGBスイッチ採用白色KBが発売

2016年11月12日 23時31分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 RGBイルミネーション機能に対応するIKBC製の白色メカニカルキーボード「F108 RGB」が登場。ツクモパソコン本店とツクモDOS/Vパソコン館で販売中だ。

RGBイルミネーション機能に対応するIKBC製のメカニカルキーボード「F108 RGB」

 「F108 RGB」は、Cherry MX RGBスイッチ採用のメカニカルキーボード。本体カラーがホワイトモデルでかつCherry MX RGBスイッチ、112キー日本語配列というありそうでなかったポイントを押さえた製品だ。なお、カラーはブラックモデルもラインナップしている。

ゲーマーには嬉しい茶軸/青軸/赤軸の3タイプのCherry MX RGBスイッチをラインナップしている

 キースイッチは、ゲーマーにはうれしい茶軸/青軸/赤軸の3タイプを用意。QWERTY/Dvorak/Colemakの3タイプに配列を入れ替え可能な一風変わった機能から、Windowsキーの無効化、キーリピート間隔の4段階切り替えをサポートする。

ホワイトモデルはよりCherry MX RGBスイッチの発光が映える印象。実機は販売ショップで確認可能だ
バックライト機能は実に多彩なパターンを設定可能。「カウントダウンタイマー」機能も備える

 バックライト機能はレッド/グリーン/ブルーの各色をさまざまなパターンで組み合わせ可能。時間になるとキーボードが点滅する「カウントダウンタイマー」機能も備えている。なお、本体サイズは438.5(W)×136(D)×41.6(H)mm、重量は1250g。

 価格は1万3980円(税抜)だ。

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中