このページの本文へ

仮想・物理・クラウドのバックアップをすべてカバー

ベリタス、中小企業向けバックアップ&リカバリー製品 「Backup Exec 16」

2016年11月09日 08時00分更新

文● 山口

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 べリタステクノロジーズは11月8日、統合データ保護ソリューション「Backup Exec 16(バックアップ エグゼック 16)」を提供開始した。

 Backup Exec 16は、企業のデータ保護に関する解決を支援するバックアップ&リカバリー製品。保存場所に関係なく、仮想・物理・クラウドとインフラ全体の重要なデータを保護でき、クラウドへの移行も効率的にできるという。Backup ExecサーバーやBackup Execで構成されるバックアップサービスは、クラウド内のデータや、クラウド上へ入出力されるデータを柔軟に保護可能だとしている。

クラウドストレージデバイスの設定画面

 Azure、Windows Server 2016、Hyper-V Server 2016 といった拡張性の高いMicrosoftインフラストラクチャーの活用もできる。Azure コンポーネントの保護では、業務への影響を抑えるシングルパスでのバックアップと、ファイル、フォルダー、オブジェクト単位のきめ細かいリカバリーを提供するという。

 またライセンスモデルや購入モデルがシンプルで、バックアップ専任者でなくても簡単に利用できるとしている。そのため、中小規模企業に適しているとのこと。

カテゴリートップへ