このページの本文へ

アイスタイル1Qは増収減益、越境ECの利益が約3倍に

文●通販通信

2016年11月04日 06時00分更新

記事提供:通販通信

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

 (株)アイスタイルが2日発表した2017年度6月期第1四半期(7~9月)連結決算は、売上高が前年同期比21.5%増の37億9400万円、営業利益が同35.7%減の3億2000万円、純利益は同63.6%減の1億8000万円となった。会社設立から継続してきた連続増収を達成したが、本社オフィスの増床や新規事業への先行投資などが影響し、減益となった。

 「On Platform事業」では、美容系総合ポータルサイト「@cosme(アットコスメ」の広告などのBtoBサービス、消費者向けのBtoCサービスが好調に推移し、売上高が同18%増の16億8900万円、セグメント利益が同5.8%増の6億1100万円となった。「@cosme」のブランディング広告、BtoB課金サービス、前期に株式を取得した(株)メディア・グローブによるPRサービスが順調に成長した。

 「Beauty Service事業」では、化粧品ECサイト「@cosme shopping」と、化粧品専門の店舗「@cosme store」がともに順調だった。売上高は同29.8%増の4億8700万円、セグメント利益は同84.3%減の1900万円となった。

 化粧品ECは送料無料キャンペーンにより購入単価が下落したものの、購入件数は順調に増加した。店舗販売は、「ルミネ新宿店」がリニューアルオープンに伴う改装工事の影響で売上が落ち込んだが、その他の既存店と新規店の売上で補い、全体で増収となった。新規出店や新規事業の投資により、セグメント利益は大きく減少した。

 「Global事業」は化粧品卸売・化粧品ECともに堅調だった。中国でのマーケティングサービスの伸長が利益面で貢献し、売上高は同29.8%増の4億8700万円、セグメント利益は同142.5%増の5000万円となった。

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く