このページの本文へ

Amazonログイン&ペイメント、1000ECサイトが導入

文●通販通信

2016年10月21日 09時20分更新

記事提供:通販通信

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

image アマゾンジャパン合同会社は21日、AmazonのアカウントでECサイトにログインできる「Amazonログイン&ペイメント」が、日本での提供開始から16カ月で1000以上のECサイトに導入されたと発表した。また、今後は「Amazonログイン&ペイメント」をモバイルアプリにも使用できるようにするとした。

 「Amazonログイン&ペイメント」は2015年5月に提供を開始し、Amazonで販売していない商品を扱うECサイトを含め、さまざまなカテゴリーのECサイトへの導入が拡大している。

 「Amazonログイン&ペイメント」の急拡大を支えているのが、ソリューションプロバイダーで、現在は30社以上のソリューションプロバイダーが公式認定制度「グルーバルパートナープログラム」メンバーに認定されている。

 9月には「定期購入機能」の提供を開始。同機能は新聞などの定期購読や食品の定期宅配サービスなどで、継続して「Amazonログイン&ペイメント」で支払いができる。現在、コンタクトレンズやサプリメントなどを扱うECサイトで導入されている。今後はEC事業者のモバイルアプリにも「Amazonログイン&ペイメント」を提供する予定。

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く