このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

信頼もコスパも大事! Kingstonのビジネス向けSSDを試す

2016年10月22日 11時00分更新

文● 藤田 忠 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 高いパフォーマンスを発揮し、価格も安いTLC NANDフラッシュメモリー採用のSSD。TLCの弱点である書き込み性能や耐久性といった面も、さまざまな技術の採用でライトユースでは、不満や不安を感じることなく使えるようになっていると言って良いだろう。

 とは言え、日々仕事で使用するPCやノートPCのメインストレージとして使う場合は、不安要素は限りなく減らしたいところだ。

 そんなビジネスユースで目を引かれたのが、MLC NANDフラッシュメモリーを採用したKingstonの「SSDNow KC400」だ。今回はその性能をチェックしていこう。

ビジネス用途に最適とされているKingston製SSDの「SSDNow KC400」。MLC NANDフラッシュメモリーやクアッドコアコントローラーを採用し、データ保護機能なども備える

 「SSDNow KC400」(以下:KC400)シリーズは、昨年末に登場したSATA3(6Gbps)に対応する2.5インチSSDで、容量のラインアップは128GB、256GB、512GB、1TBの計4モデルを用意。

 SSDコントローラーは、NANDフラッシュへの8チャンネル同時アクセスに対応しているクアッドコアコントローラーのPhison「PS3110-S10」だ。TLC採用の安価なSSDの増加とともに、Phison「PS3110-S10」は知名度が上がった感があるが、コントローラー自体はMLC NANDフラッシュメモリーに対応している。

 「KC400」シリーズは、そんなPhison「PS3110-S10」とMLC NANDを採用するほか、エンドツーエンドデータバス保護やSmartECC、読み取りエラーに対するSmartRefreshといったデータを保護する機能に対応。

 さらに予期しない電源シャットダウンからデータを復旧可能にする電源損失管理機構をファームウェアに備え、重要なデータを保存するビジネス用途のストレージに最適としている。

 SSDの信頼性や耐久性の指標となる総書き込み可能容量(TBW)は、売れ筋容量の256GBが300TB、512GBが800TBと、Kingstonのコスパ優秀なTLC採用SSDの「SSDNow UV400」シリーズと比べて、2倍以上のTBWを実現。保証期間も5年間と長くなっている。

 パフォーマンスは容量で異なるが、最大シーケンシャルリード550MB/sec、同ライト540MB/sec、最大ランダム4Kリード8万8000IOPS、同4Kライト8万9000IOPSの高速アクセスが可能だ。

SSDNow KC400のスペック表
型番 SKC400S37/128G SKC400S37/256G SKC400S37/512G SKC400S37/1T
容量 128GB 256GB 512GB 1TB
NANDフラッシュタイプ MLC NAND
コントローラー Phison PS3110-S10
シーケンシャル
リード
550MB/sec 550MB/sec 550MB/sec 550MB/sec
シーケンシャル
ライト
450MB/sec 540MB/sec 530MB/sec 530MB/sec
ランダム4K
リード
8万8000IOPS 8万8000IOPS 8万6000IOPS 8万6000IOPS
ランダム4K
ライト
8万7000IOPS 8万9000IOPS 8万8000IOPS 8万9000IOPS
MTBF(平均故障間隔) 100万時間
TBW(総書き込み容量) 150TB 300TB 800TB 1600TB
製品保証 5年間
実売価格 7200円前後 1万1500円前後 1万9000円前後 3万7500円前後

 なお「KC400」シリーズは、ほかのKingston製SSDと同じく、2.5インチUSB外付けケースや7mmから9.5mmに変換するスペンサーなどが付属したインストールキットモデルも用意されている。

 価格はSSD本体のみよりも若干高くなるが、ノートPCなどへ導入する際は、インストールキットバンドルモデルが狙い目だ。

メタル筐体採用の「KC400」を分解チェック

 スペックも価格もなかなか魅力的な「KC400」。まずは恒例の分解作業を実施。コントローラーやNANDフラッシュメモリーなどをチェックしていこう。

 分解、パフォーマンスチェックには、実売価格が1万1500円前後となっている容量256GBモデルの「SKC400S37/256G」を使用している。なお、分解時の定番だが、分解するとメーカー保証やショップの初期不良交換は受けられなくなる。

SSD本体のみで付属品がない「KC400」シリーズの容量256GBモデル「SKC400S37/256G」

「KC400」シリーズはメタル筐体を採用。表面にはKingston製品でおなじみのモアイ像風ロゴが描かれたシールが貼られている

裏面にネジが見当たらなかったので、てっきりはめ込みタイプと思ったら、ネジは表面のシール下に隠れていた。なお、ネジはいじり止めタイプの六角星型(トルクス)が使われていた

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中