このページの本文へ

電源とグラフィックがバージョンアップ

オーバークロックモデル「XFX RX-480P8DBA6」搭載、パーツの犬モデル「VR-002」登場

2016年10月12日 15時37分更新

文● 田沢

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ドスパラは10月12日、自作パソコンセット「パーツの犬モデルVR-002」のバージョンアップを発表した。

 搭載するビデオカードを高性能なオーバークロックモデル「XFX RX-480P8DBA6 (RX 480 8GB OC)」に、電源を500W電源から600W電源「KRPW-N600W/85+(600W 80PLUS BRONZE)」に変更した。これにより、VRや3Dゲームなどさまざまなコンテンツをより楽しめるという。

パーツの犬モデルVR-002
CPUIntel Core i5 6500
マザーボードASRock H170 Pro4 (H170 1151 DDR4)
CPUクーラーDEEPCOOL GAMMAXX 300
メインメモリーKingston KVR21N15S8K2/8
HDDTOSHIBA DT01ACA100 1TB(SSD選択可能)
グラフィックXFX RX-480P8DBA6 (RX 480 8GB OC)
光学ドライブASUS DRW-24D5MT
電源KRPW-N600W/85+(600W 80PLUS BRONZE)
ケースENERMAX ECA3360B-RT(U3)(FulmoQ ATX 赤)
OSWindows 10 Home 64bit
価格10万4048円

カテゴリートップへ

関連サイト
ラインナップ
コンテンツ