このページの本文へ

フリマアプリ「フリル」、10%の販売手数料を無料化

文●通販通信

2016年10月04日 02時10分更新

記事提供:通販通信

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

image (株)Fablicは1日、フリマアプリ「フリル(FRIL)」で、取引成立時に出品者が負担する販売手数料の10%を、12月31日まで無料にした。

 販売手数料の無料化で、商品の取引が成立した際、全売上金が出品者のアカウントに支払われる。販売手数料については、高単価の出品物の場合に数万円達するケースがあることなどから、利用者から値下げの要望が寄せられていた。

 同社が出品経験者1272人を対象に実施したアンケートでは、販売手数料が値下げ・無料になった場合、73.6%が「今までより安く出品する」と回答。理由は「手数料分高く値付けしていた」「安くした方が売れるから」などだった。これらの結果から、販売手数料の無料化で、出品物の値段がこれまでより安くなることが見込まれる。

 また、2年ぶりとなるテレビCMを、22日から全国で放送する予定。

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く